「PR」「たまごリピートNext」の決済オプションにPayPalを追加 銀行口座からの直接支払いにも対応(テモナ)

2018年12月12日6:36

テモナが提供するショッピングカートシステム「たまごリピートNext」は、PayPal(ペイパル)と連携し、PayPalアカウントを利用して銀行口座から直接支払いができる決済サービスを開始した。この連携を記念して、11月22日に東京・本社にてセミナーを開催。テモナと、ECサイト制作のアドライズ、通販コンサルティングのDMCの各社が通販におけるリピート購入促進の重要性を説くとともに、PayPal Pte.Ltd.の平林匡氏が継続率向上のための決済サービスのポイントについて語った。テモナでは2019年4月21日まで、「たまごリピート」でPayPal支払いを受け取ると決済手数料60日分をキャッシュバックするキャンペーンを実施中だ。(提供 テモナ株式会社)

リピート通販で利益を生み出す――
サブスクリプションビジネスを支える決済の要件とは?

「たまごリピート」は、定期購入をはじめとするリピート通販専用のショッピングカートとして2009年に提供を開始し、2018年4月にはバージョンアップした「たまごリピートNext」がリリース。導入実績は1,400社に上る。決済方法はクレジットカード、代金引換、コンビニ後払い、さらにはAmazon Payなど幅広く用意されているが、これに10月22日より、PayPalが加わった。

11月22日に行われた「たまごリピート、ペイパル連携セミナー」に登壇したテモナ 事業推進グループ 執行役員CMO 青栁陽介氏は、「すべてのフロービジネスは、ストックビジネスに転換すべき。つまり、リピート購入を基本とするサブスクリプションモデルです。これにより、計画的な投資が可能になり、事業のさらなる拡大・発展につなげることができます」と強調。「テモナはそのための仕組み(システム)、ノウハウ(事例・データ)、サポート(組織・コンサル)を提供します」と述べた。

テモナ 事業推進グループ 執行役員CMO 青栁陽介氏

PayPal Pte.Led. 東京支店 プロダクトマーケティングマネージャー 平林匡(ひらばやし きょう)氏は、「サブスクリプションビジネスにおける決済のポイント」と題して講演。サブスクリプションビジネスにおいては、事業者は継続率向上のための施策の検討・実行に集中することが大切であり、そのために決済がまず解決すべき課題は、未払い問題であると言及。これを解決する決済サービスは、①金額や請求周期の変更にも対応できる自動引き落とし、②リアルタイムでの入金確認、③複数の支払い手段によるバックアップの機能を備えていることが必要だと指摘した。そしてまさしくPayPalは、この要件を満たしているというわけだ。

PayPal Pte.Led. 東京支店 プロダクトマーケティングマネージャー 平林匡氏

定期購入の代金も直接銀行口座から支払いOK
クレジットカードを持たない層にも快適なショッピング体験を提供

PayPalは1998年に創業し、2018年にはアクティブユーザー数が2億5,000万人を突破した。200を超える国と地域で使われており、100以上の通貨に対応している。

利用者はPayPalアカウントを開設し、あらかじめクレジットカードや銀行口座の情報を登録。これによって、利用時には面倒な登録作業なしにスピーディに決済を完了できる。利用可能なクレジットカードは、VISA、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ディスカバー、ユニオンペイ(銀聯)。銀行口座は、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行の6行だ。

一般的にECで利用されている決済方法で最も多いのはクレジットカードで、次が銀行振込・郵便局振替。クレジットカードを保有していない、もしくは使いたくない層が銀行振込等を利用していると見られる。

「たまごリピートNext」でも従来から、銀行振込は決済方法のラインナップに入っていたが、初期設定が煩雑なため、販売機会損失も生じやすかったと推測される。今回のPayPalとの連携で、クレジットカード決済ができない/好まない層も銀行口座からの直接支払いで快適に買い物を楽しめるようになった。定期購入などの手続きも、初回に継続課金の許可をすればOKだ。「たまごリピートNext」ユーザーである事業者(売り手)にとっては、こういった顧客を新たに獲得するチャンスが生まれることになる。一方PayPalでは、多くの導入実績を持つ「たまごリピートNext」との連携による、サービスの認知度と利用の広がりを期待している。

11月22日の「たまごリピート、ペイパル連携セミナー」は満席に

「たまごリピートNext」とPayPalの連携を記念して
手数料キャッシュバック・キャンペーンを実施中

「たまごリピートNext」とPayPalとの連携がスタートした2018年10月22日から2019年4月21日までの半年間、テモナでは「ペイパル決済スタートキャンペーン」を実施中だ。期間中にPayPalに新規に申し込み、「たまごリピートNext」と連携した事業者に対し、初めてのPayPalの支払い受け取りから60日間の決済手数料をキャッシュバックする。PayPalアカウントの開設費、月額費等は不要なので、「たまごリピートNext」ユーザーである事業者にとっては、無料でPayPal決済を試せるチャンスとなる。

「たまごリピートNext」の料金プランは、スタンダードプランで、初期費用69,800円、月額49,800円。PayPalの決済オプション利用料金は、固定費なし、手数料が1件当たり決済金額の2.9%+40円/件~。

■お問い合わせ先

テモナ株式会社 事業推進グループ マーケティングチーム
東京都渋谷区渋谷2-12-19 東建インターナショナルビル本館9F
03-6635-6452
URL:https://tamago-repeat.com/

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

「Alipay」「WeChat Pay」中国最大規模のオンライン決済サービス(トリニティ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

SaAT ポケレジ スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

設立20年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

PayBWeChatPayのスマートフォン決済、信頼性の高い収納代行、送金など、様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

クレジット・デビットカード、銀聯カード、ギフトカード、リアルタイム口座振替、ペイジーなどの様々なサービスに関するソリューションをご提供(富士通)

シンクライアント決済ソリューション「Thinc-CORE(シンクコア)」 EMVレベル2認証取得でICクレジットカード対応を実現(セイコーソリューションズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP