AndroidがFIDO2認定を取得(FIDOアライアンス)

2019年2月26日7:43

FIDOアライアンスは2019年2月25日、 AndroidがFIDO2認定を取得し、同プラットフォームが搭載されている10億台以上のデバイス上で、認証機能が利用可能となったと発表した。Android 7.0以降を搭載している互換性のあるデバイスは、デバイスを箱から取り出したその時点で、もしくはGoogle Play開発者サービスの自動更新後にFIDO2認定を取得している状態となる。これにより、ユーザーはデバイスに内蔵された指紋センサーを利用して、FIDO2プロトコルをサポートするWebサイトでパスワードレスでのアクセスが可能になった。

Webおよびアプリ開発者は、 すでに対象となるAndroidデバイスを利用しているユーザーと将来新型デバイスにアップグレードする予定があるユーザーの両方を含めてエンドユーザーの基盤に対し、シンプルなAPIの呼び出しを通してAndroidアプリやWebサイトにFIDO認証を追加することで、パスワードレスとフィッシング耐性を有するセキュリティを提供することができるという。

主要なWebブラウザであるGoogle Chrome、Microsoft Edge、Mozilla Firefox(Apple Safariはプレビュー版でサポート)ですでにサポートされているFIDO2は、World Wide Web Consortium(W3C)のWeb認証仕様とそれに対応するFIDOアライアンスのClient to Authenticator Protocol(デバイス間連携仕様:CTAP)で構成されている。同標準化によって、ユーザーは指紋センサー、カメラ、および/またはFIDOセキュリティキーなどのFIDO2準拠のデバイスを利用して、オンラインサービスにログインがすることができる。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

指紋認証付クレジットカードやログイン時の本人確認など生体認証技術を使用するコンポーネントの機能、パフォーマンス、セキュリティー試験をお引き受けします。(FIME JAPAN)
モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

設立25年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP