キャッシュレス専用の縦型タッチパネル式券売機を提供開始(寺岡精工)

2019年4月15日17:30

寺岡精工は、軽減税率対策補助金対象機種の指定を受けたキャッシュレス専用の縦型タッチパネル式券売機「DeliousLio(デリオスリオ)キャッシュレス」を2019年4月 15 日より全国の外食企業・飲食店・ホテル・イートイン併設の商業施設等に提供開始すると発表した。

左からDeliousLio キャッシュレススタンド型、DeliousLio キャッシュレスカウンタートップ型(寺岡精工)

2019年 10 月 1 日より軽減税率制度が実施され、外食サービスの場合、同じ商品を購入しても店内飲食の場合は 10%、テイクアウトは 8%と税率が異なる。それに伴い、取り扱う商品の適正税率を把握し、利用者に正しく情報を知らせるために、小売・外食サービスでは複数税率対応レジ・券売機の導入や改修などが必要となる。

今回提供を開始する「DeliousLio キャッシュレス」では、このような複数税率への対応が同一機種内で設定可能。現金非対応のキャッシュレス決済のみにしたことで、注文時の会計時間を大幅に短縮するという。また、飲食加工やサービスに携わるスタッフが現金に触れることがないため、衛生的なホール運用が可能になるとともに、業務負担を大幅に軽減させ、職場の働き方改革・職場環境の改善にもつながるとしている。

「DeliousLio キャッシュレス」は、クラウド型マルチ決済サービス「Payoss(ペイオス)」を導入することで、クレジットカード・各種電子マネー・モバイル決済にも対応。訪日外国人客にも利用しやすい仕様となっているそうだ。

また、注文画面は縦型 22 インチ液晶ワイド画面を採用。利用者が視認しやすく、スムーズに注文してもらうことを意識した。また、訴求したい商品や店舗のイメージに合った画面デザインを、専用クラウドで自由にカスタマイズできることも同機の特長だ。現金機とキャッシュレス機との併用もでき、カウンターデザインや用途に合わせて、「スタンド型」や「カウンタートップ型」が選択できる。

なお、「DeliousLio キャッシュレス」は軽減税率対策補助金対象機種に指定されており、中小企業・小規模事業者様の負担軽減のために、補助金申請の代理申請などのサポートを同社が行うことも可能だ。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

シームレスなBtoB決済を実現!インフキュリオンの請求書支払いプラットフォーム(インフキュリオン)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP