東南アジアを代表するネット企業、ユニコーンの「Tokopedia」や「 Zilingo」「Sendo」が登壇(BEE GLOBAL CAMP)

2019年11月25日8:00

BEENOSは、2019年11月21日と22日に「BEE GLOBAL CAMP」を開催した。BEE GLOBAL CAMPには、成長の著しい新興国、中でもインドや東南アジアといった「ネクストチャイナ」のマーケットプレイス、ペイメント領域などのインターネットビジネスを展開している起業家が参加している。21日に行われたプレスカンファレンスには、東南アジアを代表するネット企業に成長したPT Tokopedia、Zilingo Pte. Ltd 、Sen Do Technology Joint Stock Companyの代表が登壇した。

左から Sen Do Technology Joint Stock Company CEO Tran Hai Linh氏、 Zilingo Pte. Ltd COO Aadi Vaidya 氏、PT Tokopedia CEO,Co-Founder William Tanuwijaya氏、BEENOS 代表取締役 直井 聖太氏

BEENOSでは、インキュベーション事業として、ASEANを中心とした「ネクストチャイナ」の国々の投資を行っている。同社では、起業家によるネットワーキングイベント「BEE GLOBAL CAMP」を開催しており、今年は日本で開催。200名を超える起業家が日本に集まったそうだ。21日にプレスカンファレンスを実施し、東南アジアで注目の3社が集まった。BEENOS 代表取締役 直井 聖太氏は、「本当にスペシャルで、注目されているCEO(COO)が集まっています」と説明した。

インドネシア最大手のオンラインマーケットプレイス「Tokopedia」

Tokopediaは、インドネシア最大手のオンラインマーケットプレイスを展開するユニコーン企業だ。BEENOS以外にソフトバンクグループやアリババ・グループ などからも資金調達を行っている。9,000万以上の毎月のアクティブユーザーを有しており、インドネシアのセラーとの良好な関係を築いている。多くの島で構成されるインドネシアのどこにいても同じ製品やサービスを楽しめる環境を構築している。スーパーエコシステムを使いながら、あらゆる人々がマーケットプレイスで公平に商品を購入でき、商業を民主化するいくことを目指している。Tokopediaの総商品価値は、インドネシアのGDPの1.5%に当たるほど貢献している。

BtoBデジタルプラットフォームを提供する「Zilingo」

Zilingoは、東南アジアを 中心にファッション・美容商品のBtoCオンラインマーケットプレイス「Zilingo(ジリンゴ)」および各国のアパレル・繊維メーカー・流通企業向けのBtoBデジタルプラットフォームを提供している。ファッション市場は2兆7,000ドルの市場がある。
ZILINGOはクラウドプラットフォームであり、人工知能を使用して、受発注・在庫管理を行うときの最小単位に至るまで、今後の流行のトレンドの重要な要素を予測し、ブランドやメーカーがアクセスできるようにしている。同社は、今年の夏に米国でもサービスを開始している。

ベトナム最大手のC2Cマーケットプレイス「Sendo」、SenPayも展開

Sen Do Technology Joint Stock Company(Sendo)は、ベトナム最大手のC2Cマーケットプレイスだ。2018年にはBEENOに加え、SBIホールディングスとソフトバンクベンチャーズアジアなどより、投資ラウンドシリーズBにあたる約56億円の資金調達を実施した。現在は、2,000万人以上の消費者が30万人の売り手から商品を購入ことができるサービスとなっている。また、決済サービスとして「SenPay」も展開している。

日本企業の関心も高まる東南アジアの市場

3社ともに、BEENOSのファウンダーである佐藤輝英氏と出会い、市場の黎明期に投資を受け、その後大きく成長してきた。また、ネットワーキングイベント「BEE GLOBAL CAMP」への参加により、経営者から様々なアイデアや意見を聞き、交流を深めることが刺激となっているようだ。

直井氏によると、今年は15カ国から起業家が集まったという。今回で4回目の開催となったが、開催を重ねると、各企業の成長を把握できるため、起業家自身も刺激を受けるそうだ。

また、2019年に入り、Beenosにも日本企業から東南アジアに進出したいという問い合わせが増えているが、まだまだ現地の情報が不足している状態だという。以前は中国も同様の状況だったが、進出している企業は増えているため、「ひとつづつ整理してトライすればチャンスはあります」と直井氏は語った。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

スマホ会員証でポイントサービス。今イチオシの「VALUE GATE」(トリニティ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP