VisaとMastercardのQRペイメントは? Push Paymentsで多彩な支払いが可能に

2020年1月29日8:00

ペイメントカードの国際ブランドであり、国際ペイメントネットワークであるVisaやMastercardは、コンタクトレスペイメント、モバイル財布、Push Funds to Card Payments(以下“Push Payments”という)、送金サービス、IoTペイメント、QRコード決済などのいくつかのイノベーションの分野でマーケットを牽引している。日本や中国などでQRコード決済が話題となっているが、早期にQRへの取り組みも行っていた。また、ペイメントイノベーションとして、Push Paymentsにも取り組んでいる。(レポート「世界の決済イノベーション市場要覧」より)

mVisa QR とMasterpass QR

VisaとMastercardは近接型のモバイルペイメントとして、モバイルデバイスのコンタクトレスペイメントのNFC(Near Field Communication)/HCE(Host-based Card Emulation)やQRコード決済を導入している。Visa Contactless (Visa payWave)やMastercarのMastercard Contactless(旧PayPass)は、Apple PayやGoogle Payなどのモバイル財布のNFC/HCEのコンタクトレスペイメントが可能である。QRコード決済に関しても、アメリカの流通企業大手の共通モバイルペイメント・ソリューションのMCX(Merchant Customer Exchange)のモバイル財布が2012年にQRコード決済を導入していたほか、MastercardのQRコード決済の取り組みも2013年と意外に早かった。

・mVisaQR

VISAはモバイル財布アプリmVisaをインストールしたスマートフォンを用い、mVisaにクレジットカードやデビットカード、プリペイドカードの紐づけを行い、友人や知人などとの口座間の資金移動による送金やQRコードによるショップでの近接型のモバイルペイメントmVisaQRをアジアのインド、インドネシア、パキスタン、ベトナム、カザフスタンのほか、アフリカのケニア、ガーナ、ルワンダ、エジプトなどの新興国や発展途上国で導入している。mVisaは、口座をモバイル財布としてデジタル化を行い、QRコードをスキャンすることで、ユーザーが資金を自身の口座(モバイル財布)から小売店の口座へ送金できるPush Paymentsの一種である。

初めてmVisaを導入する小規模の加盟店は、高価なPOSカード決済端末機などPOSインフラに資金を投入することなく、代金の受領を素早くかつセキュアな決済により行える。モバイル財布mVisaは顧客への即時デジタル決済を可能にする他、カード加盟店に対しては、QRコードの柔軟性やPOSインフラへの投資の必要性がないソリューションであるとしている。

・Masterpass QR

Mastercardはモバイル財布アプリMasterpassをインストールしたスマートフォンを用い、Masterpassにクレジットカードやデビットカード、プリペイドカードの紐づけを行い、友人や知人などとの口座間の資金移動による送金やQRコードによるショップでの近接型のモバイルペイメントMasterpass QRを2013年からアジアやアフリカ、中東などの新興国や発展途上国を中心に展開している。モバイル財布のMasterpassは、Mastercardブランドに限らずVisaなどの他ブランドを含め、クレジットカードやデビットカード、プリペイドカードの紐づけを行うことができる他、カスタマー・ロイヤリティ・プログラムの登録、ID、スマートロックキーなどをデジタル化してMasterpass内に収めることができる。モバイル財布のMasterpassはMコマースでモバイルペイメントのほか、P2Pの個人間の資金の送金やQRコード決済によるリアルの店舗での決済も可能である。

Masterpass QRはインドやタイ、ベトナムなどアジア諸国でも導入が行われ、2017年12月にベトナムのmPOSベトナムとタイアップし、mPOSベトナムの加盟店7,000店以上でQRコード決済が可能となり、導入時に決済金額の10%(最大50万ドン約2,400円)をキャッシュバックするキャンペーンを行っていた。

新たなイノベーションのPush Funds to Card Payments

そんなVisaやMastercardが推し進めるペイメントイノベーションにPush Funds to Card Payments(以下“Push Payments”という)がある。Push Paymentsのプラットフォームには、Fund Disbursement(資金の支払い)、デビットカードなどのペイメントカードによる送金サービスソリューションであるP2Pペイメント、請求書支払い、IoT(Internet of Things)ペイメント、QRコード決済など多様なリアルタイムペイメントサービスがある。“Push”(押し出す) Funds to Paymentsとは、支払う側(Payer)が受取人(Payee)やカード加盟店のアカウントを指定し、資金を送るという決済方法で、従来のクレジットカードやデビットカードの決済方法の“Pull”(引き出す) Funds from Paymentsと逆の決済電文の流れである。Push Paymentsにより、各種Fund Disbursement(資金の支払い)や加盟店提示型のQRコード決済、カード口座間のP2Pの資金移動(送金サービス)などが可能となる。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)
現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

スマホ会員証でポイントサービス。今イチオシの「VALUE GATE」(トリニティ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP