「首里城WAON」等の寄付を沖縄美ら島財団の「首里城基金」に贈呈(イオン)

2020年4月7日17:43

イオンは、2019年10月の火災により、正殿などの中心的な建物や文化財が焼失した世界遺産首里城(沖縄県那覇市)の再建に役立ててもらうため、2020年4月7日、人々から寄せられた募金、およびイオンの電子マネーWAONの「首里城WAON」を通じた寄付を一般財団法人 沖縄美ら島財団の「首里城基金」に贈呈したと発表した。

イオンは、「イオン 首里城復興支援プロジェクト」を2019年11月に発足した。同プロジェクトのもと、2019年11月1日~30日までの期間(緊急支援募金の開始日・終了日は店舗によって異なる場合がある)、全国のグループ店舗・事業所など約2,100カ所において支援募金を実施した。 また沖縄県の企業であるイオン琉球の店舗においては、募金期間を延長し、2020年2月29日までの4カ月間にわたり募金活動を実施している。

同募金活動で寄せられた募金4,763万321円に、「首里城WAON」を通じた支援金1,456万7,357万円を加えた合計6.219万7,678円を、一般財団法人 沖縄美ら島財団の「首里城基金」に贈呈した。

「首里城WAON」は、利用金額の一部を首里城関係の文化遺産の収集、保存に役立ててもらっているが、今回の火災において、同WAONについては、2019年11月1日から2020年2月20日までの期間、寄付金額を通常の0.1%から10倍となる1%に引き上げる取り組みを実施した。また、九州の「ご当地WAON」21種類について、首里城復興支援を目的とした支援企画を2019年12月の1カ月間実施し、期間中の利用金額の0.1%に当たる359万7,027円を2020年2月に一般財団法人 沖縄美ら島財団に贈呈している。

なお、公益財団法人イオンワンパーセントクラブは、「イオン 首里城復興支援プロジェクト」のもと、沖縄県に対して5年間で5億円の寄付を行うこととし、2019年11月6日に趣意書を贈呈している。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

設立25年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP