イオン 首里城復興支援プロジェクトで約2,921万を寄付(イオン)

2023年1月18日15:40

イオンは、2019年10月の火災により正殿などの中心的な建物や文化財が焼失した世界遺産首里城(沖縄県那覇市)の再建を顧客とともに支えたいとの想いから、2019年11月に「イオン 首里城復興支援 プロジェクト」を発足したが、2022年11月1日~30日の期間、全国のグループ店舗・事業所等、約7,100カ所で募金活動を実施し、2,921万5,323円が寄せられたと発表した。預かった募金は、一般財団法人沖縄美ら島財団 首里城基金に贈呈し、首里城の復興・再建に役立ててもらう。

ご当地WAON「首里城WAON」(イオン)

イオンは、2019年から毎年11月に1カ月間、同様の支援募金活動を実施している。これまで、顧客から寄せられた募金 計8,537万3,444円にイオンの電子マネー「首里城WAON」を通じた支援金5,128万3,599円を加えた合計1億3,665万7,043円を、一般財団法人沖縄美ら島財団の「首里城基金」に贈呈している。今回の募金を合わせ、イオンからの寄付総額は1億6,587万2,366円となった。

なお、公益財団法人イオンワンパーセントクラブは、同プロジェクトのもと、沖縄県に5年間で5億円の支援を行うことを表明し、これまで計3億1,000万円を贈呈しているそうだ。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

関連記事

ペイメントニュース最新情報

電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP