「イオン 首里城復興支援プロジェクト」発足

2020年10月22日7:10

イオンは、2019年10月31日未明に発生した大規模火災により世界遺産の首里城が甚大な 被害を受けたことにともない、次代を継承する文化的資産の復元を継続的に支援したいとの想いから、「イオン 首里城復興支援プロジェクト」を発足したと発表した。火災から間もなく一年を迎えるが、新たなスローガンを掲げ2026年とされる首里城正殿の復元まで継続的に支援するという。

「イオン 首里城復興支援プロジェクト」(イオン)

「イオン 首里城復興支援プロジェクト」の取り組みとして、公益財団法人イオンワンパーセントクラブは、向こう5年間に5億円の支援を表明し、火災からまもなく1年を迎える首里城の復興に役立ててもらうため、10月20日、沖縄県に1億円を贈呈した。

また、イオン南風原ショッピングセンターにて一般財団法人美ら島財団様協力のもと、貴重な資料をパネルで紹介したり、地域の子どもたちのぬり絵約500枚を展示する。

さらに、イオンの電子マネー「首里城WAON」では、2020年9月1日~11月30日利用分を通常利用金額0.1%から10倍の1%に引き上げて支援する。

さらに、11月1日~11月30日まで支援募金を受け付ける。イオン銀行、イオンカードおよびときめきポイントを活用、WAON POINTを活用した支援募金を受け付ける。そのほか、同期間に「首里城支援店頭募金」を実施。寄せられた金額はすべて一般財団法人美ら島財団「首里城基金」へ贈呈される。

そのほか、公益財団法人イオン環境財団の「苗木の里親プロジェクト」のもと、イオン環境財団、イオン琉球が首里城公園友の会と協働で植樹を行い、新たなみどりを育んでいくそうだ。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

関連記事

ペイメントニュース最新情報

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP