ゲオ、グループ店舗やSmart Code加盟店で利用できる「ゲオペイ」の狙いとは?

2020年6月19日8:00

ゲオホールディングスグループのゲオペイメントサービスは、大日本印刷(DNP)、ジェーシービー(JCB)と連携し、バーチャルプリペイド「ゲオペイ(仮称)」を2020年秋以降に発行する予定だ。「ゲオペイ(仮称)」は、DNPの「DNPキャッシュレス決済プラットフォーム」と、JCBのQR・バーコード決済スキーム「Smart Code」を採用する。ゲオ店舗に加え、全国のSmart Code加盟店の店頭でQRコード決済ができ、かつWebやJCB加盟店で利用できる国内初のサービスとなる。

ルエカは約100万枚の発行実績
ゲオペイはゲオグループ経済圏のハブ的決済機能に

ゲオペイメントサービスのロゴ

――現状のゲオ様におけるキャッシュレス決済の状況からお聞かせください。
ゲオペイメントサービス(以下ゲオ):クレジットカード、プリペイド、電子マネーといった多くのキャッシュレス商品が利用でき、利用比率も国内一般比率並みで推移しています。

――ゲオ様において、ゲオペイメントサービスの位置づけについてはいかがでしょうか?
ゲオ:今後ゲオの会員基盤に対して、金融サービスや決済サービスを提供していく戦略を担う企業です。

――ゲオ様ではゲオグループの店舗やWebサービスで利用可能なオリジナルプリペイドカード「Lueca(ルエカ)」を展開されていますが、発行実績をお聞かせください。
ゲオ:正確な数値は非公表としていますが100万枚近くの発行実績となります。

――バーチャルプリペイド「ゲオペイ(仮称)」を2020年秋に開始されることになった経緯はいかがでしょうか?
ゲオ:政府が主導するキャッシュレス決済拡大施策を受け、ゲオの会員にインハウスのキャッシュレス決済サービスを提供して会員の利便性向上とゲオグループ経済圏のハブ的決済機能としての寄与を目指そうとするものです。

「ゲオペイ(仮称)」のスキーム図

金融サービスの第一弾として提供
JCBのSmartCod加盟店やEC加盟店で利用可能

――バーチャルプリペイド、ブランドプリペイドに着目された理由をお聞かせください。
ゲオ:今後さらなる金融サービスの提供を検討しています。まず第一弾として、審査や信用情報登録などが不要で、親権者同意を伴う中学生以上の多くの人が利用しやすいスマホを介した定額限度額設定で、比較的安全なキャッシュレス商品という点がゲオ会員のニーズにマッチすると考えたためです。

――すでに発行されているルエカとゲオペイは、どうすみ分けされるのでしょうか?
ゲオ:ルエカは無記名式のプリペイドですが、ゲオペイは個人情報登録をすると会員間のバリュートランスファーもでき、JCBのSmartCod加盟店、JCBのEC加盟店でクレジットカードのように利用できる先が拡がるなど、利便性をさらに求めるお客様が使いやすい決済サービスと言えます。

ゲオアプリ利用者のスムーズな決済が可能に
「DNPキャッシュレス決済プラットフォーム」を使用

――ポイントや割引制度等はどのような形を想定されていますか?
ゲオ:基本のポイントサービス付きの商品となります。決済に応じて一定の割合のポイントもしくはバリュー還元を検討中です。その他ゲオ独自の特典などは現在検討中です。

――スマホなどを活用されたマーケティングへの活用の構想をお聞かせください。
ゲオ:ゲオアプリをすでに利用していただいている多くのお客様にとっては、スマホ上でバーコードを表示して決済するゲオペイはスムーズに決済できるサービスであり、スマホを使ったデジタルサービスのバリューチェーンとしてつながるサービスと考えています。

――各種キャッシュレス関連サービスを連動させて、カード発行会社や加盟店のキャッシュレス対応を支援するサービス基盤となる大日本印刷の「DNPキャッシュレス決済プラットフォーム」を使用されるメリットについて、ご説明ください。
ゲオ:すでに多くのバーコード決済サービスの構築実績があり、セキュリティ面なども含め信頼度が高い安定的なプラットフォームであり緻密な運用が求められる金融サービスを展開するには最適なシステムと評価しています。

「Smart Code」を活用した理由は?
100万単位のゲオ会員の利用を目指す

――JCBのQR・バーコード決済スキーム「Smart Code」を活用される背景、他のスキームに比べてのメリットについては、どのようにお考えでしょうか?
ゲオ:NFC(Near Field Communication)なども非常に利便性が高いサービスであると十分理解しておりますが、カードレスでゲオの会員のスマホ上にバーコード等を表示させ、国内外のECサイトでもクレジットカードと同様にカード番号を入力することで利用でき、使える場所(店舗)が多いSmartCode機能(希望者には板カードも発行)は、フィンテック(FinTech)を金融サービスの戦略の手段として活用したいゲオグループのサービス思想にマッチしていると考えています。

――今後、NFCや生体認証などの展開、買い取り等における送金分野への応用は視野に入れていますか? また、プリペイドの退蔵益の考えについてもご説明ください。
ゲオ:ゲオでいろいろと展開している買取サービスの代金をゲオペイへバリューとして送信するなどは店舗ニーズなどをふまえ、ゲオペイメントサービスとしては検討していくべき領域と認識しています。

また、カード有効期限は5年で設定しており法律にしたがって退蔵益についても適法に対応する予定です。

――利用者比率の目標についてはいかがでしょうか?
ゲオ:目標数値等は非公表ですが、まずはできる限り100万単位のゲオ会員の方にご利用いただけるよう目指してまいります。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP