米国・C-SAMとモバイルWalletサービスで提携(DNP)

2012年7月10日20:05

大日本印刷(DNP)は、米国のC-SAM, Inc.が提供するモバイルサービスプラットフォームを、日本国内で販売するためのライセンス契約を締結したと発表した。

DNPは、同締結により、C-SAMのソフトウェアサービスであるMTP(Mobile Transaction Platform)を活用したスマートフォン向けの「DNPモバイルWalletサービス」を日本企業に向けて展開する。DNPのグループ会社で、モバイルWalletシステムの構築とアプリ開発を行うインテリジェント ウェイブ(IWI)と連携し、サーバー管理を含めた一貫したサービスとして提供するという。

DNPモバイルWalletサービスは、スマートフォンでの決済やクーポン、ポイントなどに対応した多様なアプリの一元管理や、これらに関わる業務を総合的に支援するサービスとなる。利用者は、決済とクーポンの同時処理をはじめ、バンキング、ポイント、ヘルスケアなどの複数のサービスを連動して利用できる。また、事業者は、ポイントサービスの活用や、利用者の購買履歴に基づくクーポン情報配信などによって、売上拡大を図ることが可能だ。

具体的には、DNPのクラウドサービスと、事業者の専用サーバー構築の2種の形態で提供する。事業者の専用サーバーは、DNPのデータセンターにて構築することも可能だ。また、MTPを組み込んだシステムを自社で構築する事業者には、ライセンスの販売で対応するという。

事業者は、サービス利用開始後でも、モバイルWalletにクーポン配信や電子チケットなどの会員サービスを容易に追加できる。また、セキュリティ管理については、ICカードの署名、認証などの仕組みを活用した安全性の高いサービスを提供するという。さらに、マルチデバイス(Android OS,iOS,WindowsPhone)に対応が可能だ。

価格は、クラウドサービスの初期導入費用が2000万円からで、別途、運用費用が必要となる。DNPは同サービスを2012年9月に発売する予定で、関連事業全体で今後3年間に30億円の売上を目指す。またDNPは、欧米やアジアの企業とWalletプラットフォーム仕様を共通化することで、モバイルWalletサービスの海外ローミングを実現し、グローバルにサービスを展開する方針だ。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP