現金に触れずに売上やつり銭管理ができる「セルフ@ペイメント自動釣銭機[AES-CBPM]」開発(暁電機製作所)

2020年6月23日11:50

暁電機製作所は、直接現金に触れずに売上金、つり銭の管理ができる、新型の現金処理決済装置「セルフ@ペイメント自動釣銭機[AES-CBPM]」を開発したと発表した。

現金処理決済装置「セルフ@ペイメント自動釣銭機[AES-CBPM]」(暁電機製作所)

AES-CBPMは、売上金や釣銭を収納する内部装置を全てカセット式にしたことにより、一般従業員が現金の装填・回収時に直接現金に触れることが無く、作業をすることが可能になる。すべてのカセットに鍵が付いており、鍵を持っている管理者のみが現金を取り扱うというオペレーションが構築できるため、収納金額と売上金が合わない等という違算リスクの最小化を実現するそうだ。

また同製品は警備会社と共同開発した製品になっており、現金警送サービスが利用することが可能だ。これにより店舗での現金管理業務を軽減することが可能となり、短期間労働者や外国人労働者への業務負担を軽減し、現金管理業務の軽減、効率化を図ることが可能となる。

「セルフ@ペイメント自動釣銭機」では、OPOS(OPOS技術協議会)に準拠した開発ツールを準備しており、現在使用しているキャッシュドロワーや自動釣銭機と同等の接続により導入ができる様にしている。新型コロナウィルスの影響により、非対面決済のシステム導入の検討が各市場にて進んでいるが、現金処理側を利用者側へ向けて、天面にPOSレジを乗せるだけで、非対面・無人決済、セルフレジへと変更することが可能だ。また近年店舗にて導入されている什器一体型のレジカウンタへの埋め込み設置も可能な形状、デザインとなっており、自動釣銭機よりも設置面積が小さいため、店舗スペースを有効に利用することができるという。

また、暁電機製作所では、LCDタッチパネル、レシートプリンタ、バーコードリーダを備えたKIOSKタイプの「キャッシュ@タッチレス端末[AES-CTL]」を用意している。新規に券売機や精算機を導入検討時、導入企業が自由にソフトウェア開発、システム構築することが可能となる。またオプションとして新型コロナウィルス対策用の“飛沫防止対面パーティション”を用意しているそうだ。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP