Squareが店舗のEC化、オムニチャネル化を支援する「Square オンラインビジネス」を日本で開始

2020年10月16日8:33

スマートフォン決済サービスや店舗向けPOSレジを提供するSquare(スクエア)は、2020年10月15日にオンラインで記者説明会を開催し、知識がない人でもネットショップが無料で作れる「Square オンラインビジネス」を日本で開始すると発表した。当日は、サービスの概要について、eコマースの責任者であるDavid Rusenko(デイビッド・ルセンコ)氏が紹介した。

「Square オンラインビジネス」を紹介するDavid Rusenko(デイビッド・ルセンコ)氏(左)

 

知識のない人でもオンラインビジネスのスタートが可能に

「Square オンラインビジネス」の国内展開の開始により、事業者は、店舗での対面販売に加え、オンラインでのクレジットカード決済による販売が可能となる。また、売上や在庫管理もSquareで完結できるため、店舗のオムニチャネル化を支援可能だ。

Rusenko氏は2007年にWebサイトおよびeコマースサービスを提供するWeeblyを設立。Rusenko氏が指揮を執っていたWeeblyは、2018年の初めにSquareに買収され、現在は「Squareオンラインビジネス」が展開されている。

個人や中小企業がオンラインビジネスをスタートする際は、例えばオンライン決済、在庫管理、マーケティング、SNS、デザイン、コーディングなどを意識する必要があるが、「オンラインビジネスを簡単に作れる」のが特徴であるとRusenko氏は説明する。実店舗でSquare ReaderやSquare POSレジを使う企業が「オンラインに拡大できるプラットフォーム」であるとした。

Afterコロナ後も長期的に事業者に必要な機能に

新型コロナウイルス感染症(Covid-19)の流行に伴う営業自粛をきっかけに、オンライン販売チャネルは事業者にとってこれまで以上に重要な存在となっており、eコマースでの販売はさらに拡大傾向にある。実際、店舗での営業自粛などにより、オンライン販売を始めた中小事業者も多く、中でも少額の費用負担で手軽に始めることができるネットショップ作成ツールを利用する事業者が急速に増えている。Squareでは、米国やカナダ、オーストラリアなどで「Square オンラインビジネス」を展開しているが、日本でも提供に向けて準備を進めてきた。Withコロナの時代に加え、Afterコロナ後も長期的に事業者に必要な機能になるとしている。

「Square オンラインビジネス」

「Square オンラインビジネス」は、コーディングやウェブサイト制作の知識がなくても無料で利用できる。Instagram、Facebookとの販売連携が可能なため、商品やサービスの告知に役立てることができる。また、飲食店のテイクアウトやデリバリーなどを行うことも可能だ。テイクアウトでは、時間を各店舗で細かく設定できたり、注文と同時にオンラインで会計が済むよう設定できるため、オンラインとオフラインの連携に有効だという。

無料で利用可能だが、3つの有料プランも用意

無料プランは、決済ごとに決済手数料3.6%の費用が発生する。Visa、Mastercard、American Expressのペイメントブランド、Square ギフトカードによる決済が可能だ。現状、JCBやDinersは利用できないが、アクセプタンスは他の決済も含めて広げていきたいとしている。なお、アクワイアリングに関してはオフライン同様に、三井住友カード等と連携する。また、売上は最短翌日入金で、振込手数料もかからない。

なお、より高度な機能を希望する事業者には、必要な機能に応じて3つの有料プランも用意した。月1,200円のプロフェッショナルはカスタムドメインでSquareの広告が非表示となる。月2,500円のパフォーマンスは、プロフェッショナルの機能に加えて、商品レビュー掲載、かご落ちメールが届く。最も高度な機能を備える月6,800円のプレミアムでは、決済手数料を3.3%に抑えることが可能だ(料金はすべて年間利用の場合)。

また、事業者が販売したい商品を選んで、既存のウェブサイトに決済ボタンを加えたり、SNSにリンクを貼るだけでオンライン販売ができる「Square オンラインチェックアウト」機能も2020年7月から提供している。会計リンクは、メールやFacebookなど、さまざまな方法で共有が可能だ。

セルフオーダーの投入も準備、日本での展開に期待

このコンテンツは会員限定となっております。すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。
会員登録(無料)をご希望の方は無料会員登録ページからご登録をお願いします。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

PayBやWeChatPay/Alipay/ PayPay等のスマートフォン決済、ミニプログラム、 越境EC、リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

最強レベルのホワイトハッカーによるペネトレーション試験をお引き受けします。(決済ネットワーク、Webアプリ、決済ターミナル向け)(FIME JAPAN)
【8/26(水)開催】CREPiCO「ペイジー口座振替受付サービス」フィットネス・スポーツ業界向けWebセミナー(セイコーソリューションズ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

設立25年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP