「2011 年、12 のオンライン詐欺」を発表(マカフィー)

2010年12月13日17:53

McAfee, Inc.(NYSE: MFE、以下、マカフィー)は12月13日、新年を迎えるにあたりインターネットユーザーが注意すべき最も危険なオンライン詐欺「2011 年、12 のオンライン詐欺」を発表した。

同社が注意すべきと呼びかける「2011 年、12 のオンライン詐欺」は、「iPad 無料提供詐欺」、「偽のメッセージによる旅行詐欺」、「偽のオンラインギフトカード」、「偽の転職紹介メール」、「スミッシング ―フィッシング目的のSMSメッセージ送信」、「偽のホテルサイト」、「収まらない不況を悪用した金融詐欺」、「危険な電子グリーティングカード」、「安価なオンラインショッピングオファー」、「チャリティフィッシング詐欺」、「危険なフリーソフトダウンロード」、「ホテルや空港の無線LAN」となる。

例えば偽のオンラインギフトカードについては、サイバー犯罪者は、ユーザーの情報や財産を盗み出し、なりすまし犯罪に利用したり転売したりする目的で、ソーシャルメディアを使用して偽のギフトカードサービスを送信するという。 マカフィーでは最近、Facebookを利用したケースを確認している。同ケースでは、米家電量販店Best Buyのファンページに似せたページに登録した先着2万人に「Best Buyギフトカード1,000ドル分」を提供すると掲載しており、ギフトカードに申し込むためには、個人情報を提示し、一連のクイズに答えなければならなかったという。

マカフィーはインターネットユーザーに対し、PCと個人情報を守るため、「オンライン取引を行う際は、サイトの安全性を証明するための第三者機関によるトラストマークやアイコンが掲載されている、信頼性の高いサイトのみを利用すること」、「スパムメールやテキスト、インスタントメッセージなどから届く、怪しげなサービスに反応しないこと」、 「メールに貼られたリンクのアドレスをクリックする際には、プレビューして定評あるサイトに進むリンクかどうか、必ず確かめること」、「標準価格や競合他社の価格をはるかに下回る価格オファーには、十分に注意すること」、「必ず信頼できる無線LANネットワークを使用すること」を順守するように呼びかけている。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP