PCI DSSやPA-DSSなどの診断・審査を行うTrustWaveの強みとは?

2015年11月25日8:00

米国・シカゴに本社を置くTrustWaveは、世界96カ国でサービスを展開する企業であり、Payment Card Industry (PCI) サービスについても世界屈指の実績を有している。2015年10月14日~15日に開催されたPCI SSCの「第四回 PCIアジア太平洋コミュニティミーティング」で来日したTrustWave Asia Pacific Executive Director Mike Petitti氏に同社の強みについて話を聞いた。なお、TrustWaveは、世界的なサイバーセキュリティ対策を強化する計画の一環としてSingtel(シンガポールテレコム)が今年買収した。

PCIの新たなセキュリティ基準が登場するたびに審査機関として活動

――まずは、貴社のサービスについてお聞かせください。
Mike Petitti:PCIの観点からいうとグローバルなスタンダードとなっています。最初は米国から始まって、欧州での導入が進み、アジアでも展開が始まっています。TrustWaveは、PCI DSSのQSA(認定セキュリティ評価機関)が2001年、ASV(脆弱性スキャニングベンダー)が2003年、フォレンジック調査を行う「PCI Forensic Investigator(PFI)」と「PA-DSS」の評価機関であるPA-QSAが2005年、 PCI Point-to-Point Encryptionへの認定を調査する「P2PE QSA」が2012年といったように、セキュリティ基準が登場するたびに審査機関として活動しています。

TrustWave Asia Pacific Executive Director Mike Petitti氏
TrustWave Asia Pacific Executive Director Mike Petitti氏

――具体的な実績についてはいかがでしょうか。また、グローバルでの位置づけは№1となりますか?
Mike Petitti:ユーザーは、PCIのQSA、ASV、PFI等で300万あります(TrustKeeperプラットフォームの登録者で300万を超える)。どの会社もQSAの審査や脆弱性のスキャニングは必要となりますので、必然的な数字です。また、現在は競合と呼べる企業も数多く出てきていますが、長年においてPCIのサービスを提供していますので、弊社としては№1と思いたいです(笑)。

――PCIについては、世界的な広がりを感じていらっしゃいますか?
Mike Petitti:PCIは、Visa、MasterCard、American Express、Discover、JCBの世界の5大クレジットカードが推奨しています。また、Discoverは銀聯とJCBと提携しており、国際的に見てもグローバルに推進していくと思います。銀聯もPCIの流れに入ってくると予想されます。

また、強調したいところは、Chip&PIN(EMV ICカードとPIN入力による認証)だけでは物足りない部分があり、情報漏洩がある限りPCIは必要となり続けるでしょう。

――最近はQSAに対してPCI SSCからの監査も厳しくなっていると聞きます。また、PFIを展開する上での貴社の強みについてお聞かせください。
Mike Petitti:弊社は、PCI SSCからの評価も高いです。また、2014年から世界中の574の調査からのグローバルセキュリティレポートを出しましたが、そのすべてのPFIを担いました。ペイメントインフォメーション(支払い情報)に限って言えば、700以上の調査を実施していますので、インテリジェンスは数多く保有しています。

Singtelと協力してアジアの市場を開拓へ

――米国では、ターゲット(Target)の情報漏洩などがありました。
Mike Petitti:米国だけではなく、日本でもありましたよね。ハッカーは、人口が少ない地域よりも、米国や欧州や日本等、ビジネスや人口が多いところを狙っていくでしょう。

――今後の目標についてお聞かせください。
Mike Petitti:PCIはTrustWaveのビジネスの中のコンプライアンスマネジメントに入っています。たとえば、虫歯があったら歯医者に通って治さなければならないように、そういったサービスも充実しています。PCIのサービスに加え、診断やソリューションをすべて提供できることが強みであり、今後もそれを続けていきたいですね。

――日本のマーケットに関してはいかがでしょうか?
Mike Petitti:2020年の東京五輪に向けて、PCIはもちろん、企業のセキュリティは重要となります。われわれはSingtelと一緒になりましたので、協力してこの市場を開拓していきたいです。すでにアジアでは、ニュージーランドとオーストラリアでは深くサービスを提供していますが、APACにはさまざまな国があり、各国ごとに特性は異なります。世界の60%の人口がAPACにいますので、ビジネスの機会はたくさんあると考えています。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

「Alipay」「WeChat Pay」中国最大規模のオンライン決済サービス(トリニティ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

SaAT ポケレジ スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

設立20年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

PayBWeChatPayのスマートフォン決済、信頼性の高い収納代行、送金など、様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

クレジット・デビットカード、銀聯カード、ギフトカード、リアルタイム口座振替、ペイジーなどの様々なサービスに関するソリューションをご提供(富士通)

シンクライアント決済ソリューション「Thinc-CORE(シンクコア)」 EMVレベル2認証取得でICクレジットカード対応を実現(セイコーソリューションズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP