「今後の決済端末に求められる付加価値とは?」特集~(8)凸版印刷

2010年10月20日14:27

ギフトカードの低価格端末で勝負に出る
MCSとの連携でセンターの共同展開も視野に 

凸版印刷はモバイル・コマース・ソリューション(MCS)と連携し低価格端末を発売する。両社ではともにギフトカードのASPサービスを提供しているが、今後は中小規模店舗数を持つ企業を中心に端末を売り込むとともに、ギフトカードの拡販でも連携する。

NTT PCの「IP-WARP」を採用し

ハイセキュリティな決済を実現

凸版印刷では2005年から「ギフトカードASPサービス」を展開しているが、システムを導入する企業は百貨店やセレクトショップ、映画館など大口の企業が中心であった。そのため、POSやクレジットカードのネットワークを利用する企業を中心に販売を行っていた。一方、モバイル・コマース・ソリューション(MCS)でもギフトカードのASPサービス「リローダブルカードサービス」を展開している。

発売を開始する新端末「MCS-2590S」。表示サイズは128×64mm、プリンタはダイレクトサーマル方式となっている

「弊社のこれまでの弱みとしては、据置の安価な端末を希望されるお客様の要望になかなか応えられなかったことです。そこで、決済端末のノウハウがあるMCS社と連携して、低価格な端末を開発することにしました。」(凸版印刷 情報コミュニケーション事業本部 トッパンアイデアセンター マーケティング本部 ID・決済ビジネス企画部 バリュープロセッシングチーム 藤谷亮次氏)

具体的にはMCSが開発した端末に、凸版印刷が重視するセキュリティ要件などを付加して販売する。

「他社が提供する端末との一番の差別化は『セキュリティ』です。NTT PCコミュニケーションズが提供する独自トンネリング技術を用いたVPN機能「IP-WARP」により、インターネット環境で、専用線のようなイメージで決済が行えます」(藤谷氏)

同技術により、端末を設置するだけで、すぐにギフトカードのサービスを利用することが可能になるという。また、要望によっては電話回線(ISDN/アナログ)を使用した決済も選択できるという。

MCSとの連携で100社以上の加盟店に接続へ

2013年までに30社の採用を目指す

競合との差別化要因としては、「弊社とMCSの両方のセンターにつながる点も挙げられます。今後はギフトカードモールの普及やギフトカードを展開する企業が共通で利用できる決済システムの登場が期待されていますので、両社で共同に利用できる手法についても検討していきたいと考えています」と同社情報コミュニケーション事業本部 トッパンアイデアセンター マーケティング本部 ID・決済ビジネス企画部 事業開発チーム 高橋亮氏は説明する。現状でも両社のサービスを合わせれば100社以上のサービスと接続できるという。

端末の大きさも幅116.7×高さ91×長さ200mmとコンパクトなサイズを実現。端末本体価格は買い取りの場合で1台7.2万円となり、レンタルでの提供にも対応する。「まずは2013年までに30社の採用を目指したい」と同社 情報コミュニケーション事業部 事業戦略本部 販売促進部 永野武史氏は目標を語る。

 現状は磁気カードのみの対応となっているが、今後はICカードなど他媒体への対応も検討している。ただ、クレジットカードなど、それ以外の決済に対応することは、端末の仕様面などのハードルが上がり、高コストになるため考えていないという。藤谷氏は「今後も導入企業の負担を少しでも軽減できる端末の開発に力を入れていきたい」と力強く語ってくれた。

「今後の決済端末に求められる付加価値とは?」特集トップへ

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

「Alipay」「WeChat Pay」中国最大規模のオンライン決済サービス(トリニティ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

SaAT ポケレジ スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

設立20年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

PayBWeChatPayのスマートフォン決済、信頼性の高い収納代行、送金など、様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

クレジット・デビットカード、銀聯カード、ギフトカード、リアルタイム口座振替、ペイジーなどの様々なサービスに関するソリューションをご提供(富士通)

シンクライアント決済ソリューション「Thinc-CORE(シンクコア)」 EMVレベル2認証取得でICクレジットカード対応を実現(セイコーソリューションズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP