「LINE」の登録ユーザー数が世界5,000万人を突破(NHN Japan)

2012年7月26日12:06

NHN Japanは、2012年7月26日、同社が運営する無料通話・無料メールスマートフォンアプリ「LINE(ライン)」の登録ユーザー数(iPhone/Android/Windows Phoneアプリ・フィーチャーフォン総計)が、世界5,000万人を突破したと発表した。

LINEの会員数の推移(出典:NHN Japanのプレスリリース)

2011年6月23日にサービスをスタートしたLINEは、日本をはじめ世界230以上の国や地域で利用されている。ユーザー同士であれば国内・海外、通信キャリアを問わず、無料で音声通話やメールが楽しむことが可能だ。

7月2日には、登録ユーザー数が世界4,500万人・国内2,000万人を達成。その後も、1週間に100万人以上のペースで堅調に利用者数を伸ばしており、7月16日にはカンボジア・ウクライナ・カザフスタン、17日にはロシア・ベラルーシ・ラトビアの各国App Store無料総合ランキングにおいても1位を獲得。従来の中東・東南アジア地域に加えて、ロシア周辺諸国においてもユーザー数が急増したことを受け、4,500万ユーザー達成から約3週間で5,000万ユーザーを突破したという。

なお、5,000万ユーザーを達成するのに要した期間は399日となり、Twitterの1,096日・Facebookの1,325日と比較しても急速なペースで利用者数が増加している。

LINEでは7月4日から、国内において新プラットフォームサービス「LINE Channel」を公開したが、3週間で500万ダウンロードを突破している。同社では今後、2012年中に世界1億ユーザーという目標に向け、サービスの利便性向上やマルチデバイス対応、多言語展開などを引き続き強化していく一方、北米・中国市場にも本格的に進出し、さらなるユーザー基盤の拡大を図るという。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP