ICタグなどの機器制御ツール「オートIDライブラリ」を販売開始(凸版印刷)

2010年8月5日  10:47

凸版印刷株式会社8月5日、自動認識システム用の入出力機器を制御するツール「オートIDライブラリ」を開発し、8月初旬より本格的に販売を開始すると発表した。これまで、対応機器の複数導入や切り替えを前提とした機器制御ツールは、ICタグ業界では前例がなく、業界初の製品であるという。

複数の機器の新規導入時や機器切り替え時に、「オートIDライブラリ」をあわせて導入することにより、機器個別の開発の必要がなくなる特徴がある。個別開発する場合と比較して、開発コストの約70%を削減することが可能となる。また、共通インターフェイスと各機種ごとのプラグインという2つのレイヤーに分けることで自動認識機器の追加、切り替えが容易になった。さらに、国内で販売されている主な据置型UHF帯ICタグリーダライタに対応済みのため、当該機を導入する企業はすぐに使用することができる。

対応する主な機器は、国内で販売される主な据置型UHF帯ICタグリーダライタ、ハンディターミナル型UHF帯ICタグリーダライタ、据置型HF帯ICタグリーダライタ、バーコードリーダ、赤外線センサ、表示灯など。

OSは制御機がPCの場合は、Windows XP日本語版 またはWindows Vista日本語版、ハンディターミナルの場合は、Windows CE 5.0日本語版となっている。ハードウエアは上記OSが十分快適に動作する制御機となる。

価格は初期導入費用25万円(機器1台分のライセンス費用を含む)、2台目以降1台につき5万円 (税別)。凸版印刷では自動認識システムを導入する各企業をはじめ、システムインテグレーターなどへも幅広く提案を行い、今年度20件の採用を目指す。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP