オートIDライブラリがネットレックスの「Convi.BASE」に採用(凸版印刷)

2010年9月15日12:24

凸版印刷は9月15日、同社の自動認識システム向けの入出力機器制御ツール「オートIDライブラリ」が、ネットレックスが提供する、資産管理・棚卸し支援ソフトウェア「Convi.BASE(コンビベース)」に採用されたと発表した。「Convi.BASE」では、ICタグを活用する資産管理オプションを、9月中旬から提供する。

オートIDライブラリは、ICタグやバーコードのリーダライタや赤外線センサなどの入力機器、また、表示灯などの出力機器を、共通基盤でコントロールすることを可能にする機器制御ツール。オートIDライブラリを導入することで、機器間の開発仕様の違いを意識せずに、現在使用している機器に最新機種を追加して併用する、また自動認識機器をバーコードリーダから新しくICタグリーダライタに替える、あるいは同じバーコードリーダでもA社製からB社製へ機種変更することなどが容易に行えるという。

Convi.BASEは、これまで200社以上の企業に導入実績を持つ、資産管理・棚卸し支援ソフトウェア。主にバーコードラベルを用いて、企業の資産管理や棚卸し支援のサービスを提供している。同ソフトウェアでは、貼り付けたバーコードを1つ1つ読み取る作業負荷と時間が課題となっており、通信可能距離が長く、複数一括読み取りが可能なUHF帯ICタグを用いるソリューションが求められていたという。しかしConvi.BASEに自動認識機器の追加を行うには、多大なシステム改修コストが必要であり、これまでは特定機種での提供にとどまっていた。Convi.BASEではオートIDライブラリの採用により、国内の主要なICタグリーダライタなどの自動認識システム機器を利用した資産管理や棚卸し支援が可能になった。これにより、これまで自動認識機器の追加に必要とされていた、大幅なシステム改修を行うことなく、低価格・短期間で自動認識システム機器の追加や切り替えができるようになる。

凸版印刷は今後、ネットレックスと共同でICタグ対応機器のバリエーションを増やし、利便性の高いアプリケーションの開発を行うとともに、自動認識システムを活用している企業、導入を検討している企業、システムインテグレーターなどに向け幅広く提案していく方針だ。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

最強レベルのホワイトハッカーによるペネトレーション試験をお引き受けします。(決済ネットワーク、Webアプリ、決済ターミナル向け)(FIME JAPAN)
【8/26(水)開催】CREPiCO「ペイジー口座振替受付サービス」フィットネス・スポーツ業界向けWebセミナー(セイコーソリューションズ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

設立25年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP