訪日外国人向けの会員サービスプログラム「SEIBU PRINCE CLUB emi」を今夏開始(西武ホールディングス)

2016年1月20日19:17

西武ホールディングスは、グループの各施設でカードを提示するだけで割引を受けられるサービスや、利用することでポイントが貯まる会員サービスプログラム「SEIBU PRINCE CLUB」を国内在住者向けに実施しているが、2016年夏より、海外から日本を訪れる人が入会できる新たな会員サービスプログラム「SEIBU PRINCE CLUB emi(笑み)」をスタートすると発表した。

左側の赤色部分「SEIBU PRINCE CLUB emi」 の扉から溢れる光は、明日を表現。扉から溢れる光とともに舞う花びらは、日本を代表する花「桜」をモチーフにしている。また、「着物」の織りや染めを取り入れて日本らしいデザインにしたという(出典:西武ホールディングス)
左側の赤色部分「SEIBU PRINCE CLUB emi」の扉から溢れる光は、明日を表現。扉から溢れる光とともに舞う花びらは、日本を代表する花「桜」をモチーフにしている。また、「着物」の織りや染めを取り入れて日本らしいデザインにしたという(出典:西武ホールディングス)

1月20日から「SEIBU PRINCE CLUB emi」特設ページを立ち上げ、会員サービスに関する案内を掲載し、順次優待などの詳細についても掲載していく。

同社グループでは、訪日外国人に訴求できる施設を日本全国のさまざまな地域で有している。また、“『観光大国ニッポン』の中心を担う企業グループへ”をグループ全体のスローガンとして掲げ、グループ各社間における連携をより一層強化し、多くの訪日外国人に利用してもらうことでグループ全体の企業価値向上を目指し取り組んでいるという。

2015年に日本を訪れた外国人観光客は1,900万人を超え、同社の連結子会社であるプリンスホテルでは101万人(1月~11月実績、実人数)の外国人観光客が宿泊しており、プリンスホテルに宿泊した外国人にも、全国に広がる同社グループの各施設を利用してもらうことで、さまざまな優待・サービスを提供するそうだ。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP