「アプリストア決済機能」をリリース、請求管理はStripeと連携(freee)

2021年7月13日16:40

freeeは、freeeオープンプラットフォーム戦略の一環として「アプリストア決済機能」をリリースしたと発表した。「アプリストア決済機能」を利用することで、freee APIを利用してfreeeの各プロダクトに接続するサービス、あるいはfreeeの各プロダクトと他のサービスを接続するサービス(「アプリ」)を有料で販売する時の決済機能の開発工数およびメンテナンス工数の削減が可能となり、アプリ開発者がインセンティブを受け取る機会を拡大するという。

これにより、freee API を利用してfreeeの各プロダクトに接続するサービス、あるいはfreeeの各プロダクトと他のサービスを接続するサービス(アプリ)をfreeeアプリストア上で有料販売することができる。決済機能、および商品(プラン)の管理、請求管理にはStripeを用いており、アプリ提供者(デベロッパー)はfreeeのアカウントに加えてStripeのアカウントが必要だ。アプリ提供者(デベロッパー)は、Stripeで料金プランを作成し、freeeアプリストアに登録することでアプリの販売ができ、アプリ利用者(ユーザー)は、freeeアプリストア上でアプリの購入が可能となる。

「アプリストア決済機能」(freee)

従来freeeアプリストア上でアプリを有料販売することはできなかった。独自にアプリを有料販売する場合、アプリの提供者が決済機能を開発、メンテナンスしていく必要があり決済領域の開発知識や開発工数が必要だった。

今回の「アプリストア決済機能」のリリースにより、商品(プラン)登録をStripe UIからできて、登録した商品のIDをアプリストアに設定するだけで決済領域の知識がなくても販売設定が可能だ。また、決済情報はstripeで管理されるため、扱いが難しいクレジットカード情報などをアプリ提供者が独自に管理するリスクを回避することができる。

さらに、アプリ開発者が課金の仕組みを自ら用意せずにアプリストアで有償アプリの販売ができることで、freeeのサービスを起点としたサービスを提供している事業者やエンジニアがインセンティブをより受け取りやすくなる環境を提供する。アプリをリリースしてすぐにfreeeユーザーに購入してもらうことが可能だ。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP