中国銀聯のネットワークが180の国と地域に拡大(世界の決済シーン)

2021年8月26日8:00

中国銀聯のモバイル財布アプリ“クラウドクイックパス”(Cloud Quick Pass) 

グローバルペイメントの動向に詳しい、和田文明氏による世界の決済シーンを紹介する本コーナー。今回は国際ブランドとして拡大する中国銀聯について紹介してもらった。

和田文明

中国銀聯の拡大は続いている。2021年4月に、UPI(Union Pay International、中国銀聯国際)は、スイスに本社を置くCIM Bank(本社:スイス、ジュネーブ、設立:1990年)とタイアップし、銀聯クレジットカードをスイスで発行すると発表した。CIM Bank 銀聯クレジットカードは、地元の資産を多く有している個人が日常生活や海外出張での支払いニーズを満たすように設計されている。現在、銀聯カードは、スイスの全てのATMとスイスのカード加盟店(マーチャント)の80%近くで受け入れられ、ルツェルン、ジュネーブ、チューリッヒなどのスイスの主だった都市を中心に広がっている。

銀聯カードを統括する中国銀聯(China Union Pay)は、2002年3月に中国の中央銀行である中国人民銀行が主導して、上海(写真)に設立している。(図表1)は、中国銀聯が設立された当初の中国五大銀行の一つである中国農業銀行の2004年頃の銀聯カード(デビットカード)である。銀聯カードは、それぞれの銀行の預金口座とリンクし、ATMから預金を引き出すキャッシュカード機能がメインで、大きく分けてキャッシュカード+銀聯バンクPOSデビットカードとキャッシュカード+銀聯クレジットカードの二つのタイプがある。この他に、オープンループのオンラインプリペイドカードも発行されている。

(写真)中国銀聯の本社がある中国・上海
(図表1)中国五大銀行の一つである中国農業銀行の銀聯カード(デビットカード)

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

シームレスなBtoB決済を実現!インフキュリオンの請求書支払いプラットフォーム(インフキュリオン)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP