女子ラグビーのルフォンシ選手、ウッドマン選手、ンジャエ選手がアンバサダーに(Mastercard)

2021年10月8日7:40

Mastercardは、ラグビーワールドカップ2021(開催地:ニュージーランド)まであと1年を迎えるにあたり、 女子ラグビーへの取り組みを強化しているが、このほど、ワールドラグビーの殿堂入りを果たしたイギリスのマギー・アルフォンシ選手、ニュージーランドのプレーヤーであるポーシャ・ウッドマン選手、フランス人プレーヤーであるサフィ・ンジャエ選手の3名をMastercardグローバル・ブランドアンバサダーとして迎えたと発表した。

Mastercardの女子ラグビーへの取り組みは、選手やイベントのスポンサーにとどまらず、多岐にわたるという。Women in Rugby(ウィメン・イン・ラグビー)のマーケティングキャンペーンの一環として、Mastercardとワールドラグビーは世界中の若い女性アスリートを紹介するユニークなデジタルコンテンツ、ユース・アンストッパブル(Youth Unstoppables)を公開している。同コンテンツは、フィールド内外を問わず、女子ラグビーが多様性に富んだ究極のチームスポーツであること、また一体感と強い結束力によってチームがその総和以上の力を発揮することを紹介することで、より多くの女性や少女がラグビーをプレーし、また観戦するきっかけになることを目指している。シリーズ第1弾は2021年の国際ガールズ・デーを記念し、10月11日に公開される予定で、women. rugbyやワールドラグビーのソーシャル・プラットフォームで視聴することができる。

ワールドラグビーとMastercardは、ユース・アンストッパブルの各エピソード公開後、同コンテンツをきっかけにラグビーをプレーしてみたいという若い女性のために、Pricelessな体験やコンテンツを企画し、女性たちの情熱を育てる機会を提供するそうだ。また、Mastercardは今後アルフォンシ選手、ウッドマン選手、ンジャエ選手とPricelessな体験を展開するという。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP