収益認識を自動化する機能を提供(Stripe)

2021年10月15日9:14

Stripe は、40カ国のユーザーに対して新たに収益認識を自動化する機能の提供を開始した。

収益認識とは、企業の収益を財務諸表上の日付と照合する作業を指す。この計上作業はほとんどの場合は手動であり、非効率的で間違える可能性が高いという。Stripe 収益認識機能は、この収益認識作業を3つの方法で簡略化するという。取引を一か所に集約し、正確に分類し、自動的に監査可能な財務報告書を作成するそうだ。結果として、ユーザーは時間とお金を節約しながら自社の財務状況を俯瞰して見ることができるとしている。

Stripe 収益認識のでは、貸借対照表、損益計算書、収益の滝グラフなど、企業の財務状況を表すさまざまなレポートが作成できる。また、Stripe 上の取引や支払い手続きの変更は自動的にレポートに反映される。Stripe 以外の取引のインポートも可能だ。

さらに、カスタマイズ性:繰延収益の計上、コスト転嫁を含む特定の収益の除外など、各ビジネスの形態に見合ったレポートのカスタマイズが可能だ。

収益認識を自動化するには IT 開発などは必要なく、Stripe Billing や Stripe Invoicing を含む Stripe の支払いプラットフォームとも連携している。また、ASC 606 や IFRS 15 を含むグローバル規定にも簡単に準拠できるようになるそうだ。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP