UKCAマーキング概要解説 ~CEマーキングからの変更点及びUKCAマーキング取得についての概要解説~【テュフズードジャパン】

2021年11月11日8:00

テュフズードジャパンの技術解説の連載。今回は、CEマーキングからの変更点及びUKCA(UK Conformity Assessed)マーキング取得についての概要を説明してもらった。

記事のポイント!
①英国はCEマークに代わり新たにUKCAを導入
②英国への製品輸入には2023年1月1日以降は UKCAマークが必要に
③CEマークは技術文書の作成をもってEU適合宣言を実施
④CEマークを必要としていたほとんどの製品が対象に
⑤CEマークとUKCAの違いは?
⑥英国適合宣言書と技術文書が必要に
⑦今後に向けては?

UKCAマーキングの導入

2020年1月31日に英国はEUを離脱したことに伴い、それまで運用していたCEマークに代わり、新たにUKCA(UK Conformity Assessed)マークを導入することとなった。

2021年10月現在では、CEマーキングからの移行期間の最中であるが、これは英国政府が当初2021年8月24日に予定していたUKCAマークの移行期間を1年間延長し、2022年12月31日までとしたためである。

これにより、2022年末までは従来と同じく CEマーク で輸入が継続できることとなったが、英国に製品を輸入するためには、2023年1月1日以降は UKCAマークが必要となる。

本稿では、UKCAマーキングの本格運用を直前に控え、当マーキングの概要について、欧州の第三者認証機関(Notified Body)の一つであるテュフズード(本社:ドイツ)の日本法人テュフズードジャパンが解説する1)。

CEマーキングについて

UKCAマーキングはCEマーキングの運用を多く踏襲しているため、まずCEマーキングの概要を説明する。

CEマークとは、EU圏向けに供給される一部製品に関して要求されるマーキングであり、製品が適用される設計に関する要求事項を満たしていることを示すものである。

CEマークはEU加盟国方により要求されており、自己宣言もしくは第三者認証機関(Notified Body)による適合性評価を実施した上で、技術文書の作成をもってEU適合宣言(EU Declaration of Conformity)が実施される。2)

UKCAマーキングの対象について

UKCA(UK Conformity Assessment)マークは、Great Britain(イングランド、ウェールズ、スコットランド)において、市場に出される特定の製品に対して必要となる新しい英国製品マークであり、以前CEマークを必要としていたほとんどの製品を対象としている。
基本的な要求内容はCEマークとほぼ同じであり、英国においてCEマークを代替するものである(北アイルランドは若干異なる)。

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP