総額50億のかながわPay第2弾を実施、5種類のQRコード決済が対象(神奈川県)

2022年6月13日18:50

神奈川県は、かながわPay第2弾を2022年7月19日(10時)~11月30日まで実施する。対象店舗において、「かながわPay」を通じてQRコード決済サービスで支払った金額の最大20%をポイント還元する(総額50億円分)。ポイント利用期間は、7月26日~2023年1月31日までとなる。

コロナ禍や原油高及び物価高騰などの影響により売り上げが減少している県内産業を支援するため、消費者が県内の小売店・サービス事業者・飲食店等において、同事業専用アプリ「かながわPay」を通じてQRコード決済サービスで代金を支払い時、決済額の最大20%の金額に相当するポイントを消費者に還元するキャンペーン(かながわPay第2弾)となる。キャンペーンに先立ち、6月20日正午より参加加盟店の募集を再開する。

一人あたり上限30,000ポイント(1ポイント=1円)。同キャンペーンに参加時には、「かながわPay」および対象QRコード決済サービスをダウンロードし、利用登録する必要がある。対象QRコード決済サービスは、「au PAY」「d払い」「はまPay」「LINE Pay」「楽天ペイ(アプリ決済)」となる。

なお、第一弾は2021年10月~2022年5月にかけて行われ、同事業専用アプリ「かながわPay」を通じてQRコード読み取りを通じた決済サービスで代金を支払い時、決済額の最大20%(総額70億円分)の金額に相当するポイントを消費者に還元した。その結果、アプリは100万以上ダウンロードされ、約1万8,000店が参加した。

第1弾キャンペーン(神奈川県)

なお、同事業は、ネットスターズ、横浜銀行、電通、SocioFutureからなる共同企業体により運営される。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP