「楽天キャッシュ」の投信積立開始、グループ外10万カ所の現金チャージ取り込みで成長目指す

2022年6月21日9:00

楽天ペイメントは、2022年6月16日、楽天グループのオンライン電子マネー「楽天キャッシュ」の特徴について説明する記者向けの勉強会を開催した。「楽天キャッシュ」はこれまで、クレジットカード「楽天カード」からチャージして「楽天ペイ」アプリで支払うと1.5%還元などグループ内での訴求を行ってきたが、「楽天ギフトカード」のリアル店舗での展開、セブン銀行ATMからの現金チャージに対応するなど、グループ外部からのサービスの取り組みにも力を入れるそうだ。

楽天ペイメント 執行役員 戦略室長 諸伏勇人氏

最大10万円までキャッシュレスで積立が可能に
2022年末までは1%の楽天ポイント付与

楽天証券では6月19日から、「楽天キャッシュ」で5万円まで投資信託の積立ができるようになった。すでに楽天証券では、楽天カードで月に5万円まで積立ができるが、今回のサービス開始により毎月最大10万円までキャッシュレスで積立が可能だ。同取引では、全積立対象商品において、「楽天カード」からの「楽天キャッシュ」チャージ額に対して0.5%分の「楽天ポイント」が付与される。加えて、12月末まで、投信積立の「楽天キャッシュ」利用額に対し、0.5%分の「楽天ポイント」が付与されるキャンペーンを実施。これにより、2022年中は最大1%分の「楽天ポイント」が貯まる。さらに、「楽天キャッシュ」決済の開始を記念して、8月分の積立約定に「楽天キャッシュ」を利用した人全員で総額100万円分の「楽天キャッシュ」を山分けするキャンペーンを行う。

同サービスに合わせて、1時間に1回残高をチェックし、自動でチャージ可能な「残高キープチャージ」の設定が可能となった。これにより、仮に残高が設定した金額を下回った場合、不足金額を自動でチャージできるため、毎月の投信積立でチャージ忘れを防止可能だ。また、自身の積立金額に合った金額を設定でき、普段の街やeコマースの買い物で残高不足を心配せずに支払いが可能だ。今回のサービスを筆者も試してみたが、5万円の「残高キープチャージ」の設定は想像以上に簡単にできた。

「楽天ペイ」アプリでハブの役割を果たす
楽天Edyとの相互交換を今夏に順次対応予定

今回、投信積立で新サービスを開始した「楽天キャッシュ」は、「楽天ペイ」アプリにおいてユーザーにさまざまなサービスを提供するためのハブの役割を果たしている。2008年にサービスが始まり、当時はアフィリエイトの報酬などで利用されていたが、電子マネー「楽天Edy」のノウハウを活用して改善を重ねてきた。

天ペイアプリでは、「チャージする」「支払う」「送る」「貯める」「運用する」「チャージして電車に乗る」といったことが可能だが、多くのサービスで「楽天キャッシュ」が重要な役割を果たしている

「楽天キャッシュ」の特徴として、楽天会員なら誰でも登録なしで使うことが可能だ。また、「楽天カード」からチャージしてよりお得に支払いに利用できる。さらに、「楽天ポイント」のように簡単に、いつも通りに支払いに使うことが可能だ。「楽天キャッシュ」は、「楽天カード」からチャージをすると0.5%還元され、「楽天ペイ」支払い時の1%還元と合わせた計1.5%還元となっている。楽天ペイメント 執行役員 戦略室長 諸伏勇人氏は、他の残高払いと比較してもバランス良く、利点の多いサービスだとした。還元率が高い「楽天カード」からチャージすればよいシンプルな条件、決済の翌日にポイントが付与される点が好評だという。

楽天Edy 楽天キャッシュ事業推進室 副室長 鍋山隆人氏。「楽天キャッシュ」は1.5%還元など楽天ペイユーザーへの訴求、わりかんや小遣いで送ってもらうなど、仕組みの部分で取り組んできたという。今後は「楽天ポイントの発行額を超えて、電子マネーの規模感になる」とした

チャージについては、2018年7月から、CtoCフリマアプリ「ラクマ」の売上金で開始し、2019年から楽天カード2,600万枚、口座開設数1,200万口座の楽天銀行からのチャージ、2021年2月からビットコインなどの「暗号資産チャージ」を展開している。

2020年11月からは、支払いを便利にするため「ポイント払い 瞬間チャージ」による自動チャージも実施。利用者は、仮に決済時にポイント保有残高が不足していた場合、即座に指定した金額が「楽天キャッシュ」にチャージされ、ポイントと合算して「楽天ペイ」アプリのポイントカードの提示で支払いが可能となった。

チャージした「楽天キャッシュ」はリアル・オンラインの500万カ所で利用可能だ。さらに、楽天Edyとの相互交換を今夏に順次対応予定であり、利便性を高めていくそうだ。

全国10万のタッチポイントからチャージ可能に
外部連携のポテンシャルが高い理由とは?

「楽天キャッシュ」の2021年の「楽天ペイ」アプリからの年間チャージ額は+146%となり、「倍、倍々と伸びています」と諸伏氏は成果を述べる。

「楽天キャッシュ」は、楽天エコシステムのハブ的な存在を担っていたが、「一歩、二歩進めるために外との連携を強くしていきたい」と諸伏氏は意気込む。

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。続きを読むには「Paymentnavi Pro 2022」のお申し込みが必要となります。
詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

スマホ会員証でポイントサービス。今イチオシの「VALUE GATE」(トリニティ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP