決済端末「Spayd Lite」で国内初の「クレカで決済音」開始、国際ブランドが推進する理由とは?

2022年6月28日8:00

ネットムーブは最新版の決済端末「Spayd Lite」でクレジットカード等の決済時にブランド固有の決済音を再生する UX (ユーザーエクスペリエンス)変更をリリースした。国内ではFeliCaを利用した電子マネー、QRコード決済などで支払い時の決済音は用いられているが、今後はクレジットカード等の国際ブランド決済で広がりそうだ。ネットムーブ ペイメント事業部長 高田理己氏、Spayd プロダクトマネージャ 鈴木朝子氏、同プロダクト開発チームの三科佐知氏に「Spayd Lite」の決済音対応の経緯と国際ブランドが推進する理由、実装のポイントについて、話を聞いた。
※国内初はネットムーブ調べ

Mastercard「ソニックブランド」など国際ブランドが推進
オーソリ時のリスクも低減可能に

――まずは、貴社の「Spayd Lite」でクレジットカードの決済音に対応した理由からお聞かせください。
高田:2年ほど前にMastercardさんからお話がありました。「ソニックブランド」という決済時の UX 改変によるブランディング戦略を推進されており、彼らのマーケティングリサーチの結果として決済音やアニメーションを入れることで消費者の体験として安心感を与えることができるが国内での適用はどうか?という相談を受けました。

すでに日本では電子マネーの決済時にマネーイシュア(発行会社)固有の音源を再生させることが義務付けられているので違和感なく受け入れられるのでは?といったフィードバックはしつつも当時は他ブランドでそのような戦略をヒアリングできていなかったため、単一ブランドのみ決済音を再生するのは厳しいといった印象でした。

状況の変化を感じたのは、昨年後半ぐらいからテレビ CM で 「Visaタッチ」(ビザ・ワールドワイド)や「 Scoop JCB」(ジェーシービー) で決済音を利用され始めたところからでした。各社に確認したところ国際5大ブランドで同様の取り組みを推進されていることが分かり、全ての音源を入手できることができたためリリースする方向で対応を開始しました。

――実機能リリースにあたって留意した点についてはいかがでしょうか?
鈴木:電子マネーでは、マネーイシュアのガイドラインに沿って画面設計書を提示して決済音などを細かく規定したドキュメントを作成して機能実装、ブランド検定、リリースします。こうしたことから、クレジットカードでの取り組みは特に違和感なくユーザ体験としても電子マネーと揃えられるメリットはあるように感じました。

ネットムーブ Spayd プロダクトマネージャ 鈴木朝子氏

今回の取り組みではタッチ決済以外のお取引(接触IC、磁気取引含む)も含めて全てのクレカ決済完了時にブランド固有の決済音を再生することになりますが、非接触EMVの実装を推進されている一部の弊社のお客様からは「電子マネーは決済完了音があるので取引の成否が分かり易い、一方で非接触EMVではカードタップ成功時にEMV規定のかざし成功音を鳴らすが、その後のオーソリに失敗した際には何も音源がなくオーソリ失敗時に成功したものと勘違いしてしまうリスクがあるのでは?」といった指摘もお受けしていました。クレジットカードも決済成功時のタイミングで音源を再生することでこのようなリスクも低減できるのでは?と感じました。

各ブランドのガイドラインに沿って音源再生
決済音でユーザー体験向上へ

――実装にあたって留意した点についてお聞かせ下さい。
三科:実装に際しては各ブランド様から音源と共にガイドラインが提示されます。これらのガイドラインに沿って指定された音源を再生する実装を行います。ガイドラインに関して気を遣う点としては音声再生タイミングです。

ネットムーブ Spayd プロダクト開発チーム 三科佐知氏

他の音源と重ならないように配慮が必要で原則として決済成功時(レシート出力時)のタイミングで音源を再生します。実装後には UI 確認としてブランドに決済時のムービー画像を送付してご確認いただく形になります。

――最後に、今後の決済音の広がりについてはいかがでしょうか?
鈴木:今後、Spayd が実装することを契機に弊社のプラットフォームやプロダクトをご利用いただいているお客様に対しても実装を推奨していきたいと思います。取引時の安心感を与える取り組みとして電子マネー、QRコード決済の音源再生は浸透しつつありますが、クレジットカード決済においてもこれらの取り組みが普及することで安心してキャッシュレス決済をご利用いただけるユーザ体験を提供していきたいと思います。

国際ブランド推進の背景やガイドライン
端末への決済音実装のポイントは?

決済音など決済技術に詳しいネットムーブ高田氏にブランドが決済音を推進する背景、実装のポイントについて話を聞いた。

記事のポイント!
①国際ブランドが決済音を推進する理由
②ブランドのガイドラインの特徴
③決済端末への実装で苦労する点、ブランドごとの違い
④海外、国内の決済音の広がりの見解

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。続きを読むには「Paymentnavi Pro 2022」のお申し込みが必要となります。
詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)
現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

スマホ会員証でポイントサービス。今イチオシの「VALUE GATE」(トリニティ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP