未来を彩るメタバースサービスが集結!将来は決済連携も注目(METAVERSE EXPO JAPAN 2022)

2022年8月2日10:15

メタバースエキスポジャパン実行委員会は、2022年7月27日、28日に「METAVERSE EXPO JAPAN 2022」を開催した。会場ではメタバース関係の展示に加え、有識者による講演も行った。なお、今回は、一部の関係者とメディアを対象に開催したというが、10月18日~22日まで開催の「CEATEC 2022」の会場内で同内容を一般公開するそうだ。

近年、メタバースはバズワードとなっており、日本でも大手企業がメタバースビジネスへ参入している。仮想空間プラットフォーム、VR・ARデバイス、5Gネットワーク、NFT・暗号資産といったメタバースを形作るさまざまなプロダクトやサービスが発表されている。

今回、筆者はメディアデーに参加して、参加企業の展示の模様を取材した。現状は決済と連携したサービスはそれほど見受けられなかったが、今後はメタバース空間上での支払いが行われるケースもありそうだ。

凸版印刷は、仮想空間上に構築したEC店舗である「メタパ」を紹介した。利用者は、スマートフォンから手軽にメタバースを体験することが可能だ。実店舗に近い仮想店舗を見せることができ「すでに10店舗以上導入しています。住宅展示場からの引き合いもあります」と凸版印刷の担当者は話す。決済との連携はまだ実現できていないそうだが、視野には入っているという。なお、当日は、会期中トッパンブースに似せた空間を「メタパ」内に再現し、同社のオリジナルキャラクター「小石川彩」のアバターが案内する様子をYoutubeで配信した。

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。続きを読むには「Paymentnavi Pro 2022」のお申し込みが必要となります。
詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP