寄付プラットフォームの不正防止に向けてSave the Children Australiaと提携(Forter)

2022年10月12日16:20

不正検知プラットフォームを提供するForterは、2022年10月11日、寄付プラットフォームの不正利用を抑止するプロボノ活動としてSave the Children Australiaと提携したと発表した。

Save the Children Australiaは子ども支援に関するオーストラリア最大の非営利開発機関として、11万6,000人以上のオーストラリア国民、企業および慈善事業パートナー、連邦政府、州政府、地方政府からの資金援助を活用し、数百におよぶコミュニティで数千人の子どもたちを支援している。

慈善団体のCharities Aid Foundationによると、現在同国における寄付の40%がオンラインで行われている。しかし、オンライン寄付の普及に伴い、非営利団体が運用する寄付プラットフォームが不正利用の標的となっているそうだ。

Save the Children Australiaは最近「カードテスト」の事例を調査した。カードテストとは、詐欺集団が不正に入手したクレジットカード番号で高額の買い物をする前に、1ドル程度の低い取引額でそのカード番号が有効であるかを「テスト」する手法のことだ。この不正利用による取引額自体は小さいものの、Save the Children Australiaは不正利用が行われるたびに決済代行会社からチャージバックに対する手数料請求を受けていることが明らかになった。

こうした事態を受け、ForterはSave the Children Australiaと提携し、カードテストによる不正利用を抑止するため同社の不正対策ソリューションであるTrusted Conversionsを導入した。同ソリューションによってSave the Childrenは、すべての取引について正確かつリアルタイムに判定を行い、本当の寄付か不正利用かを見分けることができるとしている。

Forterのシステムを導入して以降、Save the Children Australiaでは26万豪ドル相当以上の寄付金が承認され、承認率は95%から97%に上昇したという。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

 

関連記事

ペイメントニュース最新情報

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP