ラグビーワールドカップ2021の「プレーヤー・オブ・ザ・マッチ」受賞者にソニックトロフィーを贈呈(Mastercard)

2022年10月12日16:40

Mastercardは、アオテアロア/ニュージーランドで開催されているラグビーワールドカップ2021の「プレーヤー・オブ・ザ・マッチ」受賞者にMastercardが提供する世界初のソニックトロフィーが贈呈されていると発表した。

左がトロフィー、 右がヘイリー・マクスウェル氏(Mastercard)

各試合の音声、実況、ファンの反応を特別に収録したこのトロフィーは、26試合中に勝利を収めたチームの選手一名に贈呈されている。試合終了後も永遠に「プレーヤー・オブ・ザ・マッチ」を祝福する新たな試みとなるそうだ。

同トロフィーは、先住民族マオリの力強く、優雅、かつ勇敢なリーダーである女性カイカランガからインスピレーションを受けており、ラグビーワールドカップ2021で同様の資質をピッチ上で発揮し選ばれた選手数名に贈られるそうだ。

Mastercardは、文化アドバイザーであるピリ・ロンゴ・ヘテット・ワイラウ氏や、現代マオリファッションデザイナーのニコラ・テ・キリ氏など、アオテアロア/ニュージーランドの地元専門家と協力して、トロフィーのコンセプト、象徴的意義、デザインを通して地元の文化やアイデンティティを忠実に表現した。トロフィーは、リアルタイムで編集されたユニークな試合の実写音声とMastercardのサウンド・メロディーを融合させ、ピリ・ロンゴ・ヘテット・ワイラウ氏の声を通じてアオテアロア/ニュージーランドの先住民族の文化を称えている。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

関連記事

ペイメントニュース最新情報

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP