「Singapore FinTech Festival2022」開催、850超のスピーカーと450の展示

2022年11月4日8:30

国際的なFinTechフェスティバルとなる「Singapore FinTech Festival(シンガポール・フィンテック・フェスティバル)2022」(主催:MAS 〈Monetary Authority of Singapore〉 / ELEVANDI〈エレバンディ〉)が2022年11月2日~4日まで開催されている。

11月1日には、政策立案者と投資家が一堂に会するCapital Meets Policy Dialogueを実施。また、10月31日と11月1日には、最新の FinTech イノベーションとプロジェクトを紹介するSingapore EXPO Convention Centreを開催した。

同イベントは、1週間のプログラム全体で850 人を超えるエキスパートスピーカー、450出展者、25の国際パビリオンによる展示が行われる世界最大級のFinTechイベントとなっている。2022 のテーマは、「ボラティリティと変化の中でレジリエントなビジネスモデルを構築する」だ。主催者によると、110 を超える国と 2,000 を超える組織から参加者が集まると予想している。実際、記者は2日と3日に参加したが、会場は数多くの人が訪れ、イベントの活況はコロナ前の状況に戻りつつあることを実感した。

スピーカーのハイライトとして、マスターカード アジア パシフィック President Ari Sarker(アリ・サーカー)氏は、「次の 10 年間は本当に影響力のある 10 年間であると、多くの楽観的な見方を持って出発します」としたうえで、APACの世紀になるとした。そのうえで、「テクノロジーには、私たちの社会やコミュニティが抱えている深刻で厄介な課題を解決する大きなチャンスがあると感じています」と述べた。

また、MAS マネージングディレクター Ravi Menon(ラヴィ・メノン)氏は、「シンガポールは暗号資産のハブになりたいか」という質問をよく受けるとのことだが、「実物の資産と金融資産をトークン化して効率を高め、金融取引のリスクを軽減する場合、暗号ハブになりたいと考えています」とした。一方で、「仮想通貨の取引や投機に関するものであれば、それは私たちがなりたい仮想通貨のハブではない」としている。

MAS マネージングディレクター Ravi Menon(ラヴィ・メノン)氏(画像:Singapore Fintech Festival 2022 )

会場では大企業やスタートアップ、政府、各国のパビリオンなど、さまざまなブースが設けられている。暗号資産、NFT、Web3.0、DAOといったキーワードで展示した企業も見受けられた。また、持続可能な社会の実現に向けたESGのフィンテック ゾーンも今年から設置された。

注目のブースとして、日本の三井住友フィナンシャルグループでは、アジアの展開を強化しているが、ブースで実施したセッションでは同グループの三井住友カードや、インドネシアの銀行であるBTPN、フィリピンの銀行であるRCBCといった連携先の講演も行われた。

日本のパビリオンでは、シンガポールのM-DAQ(エムダック)を誘致するなどFinTech企業の進出に力を入れる福岡市をはじめ、東京都や大阪府などが企業誘致の説明を行っていた。

また、決済関係では、国際ブランドのVisaやMastercard、決済端末ベンダーのIngenicoなどが展示やデモを実施。また、日本でも注目されるAnt GroupやTencentなどもブースを設けた。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP