楽天と「楽天トラベル」においてEV充電器の設置で協力へ(ENECHANGE)

2022年11月9日7:50

ENECHANGE(エネチェンジ)は、楽天グループと、楽天が運営する旅行予約サービス「楽天トラベル」に参画する宿泊施設を対象に、同社のEV充電器の設置拡大でパートナーシップ契約を締結した。両社は、同協業を通じて、EV(電気自動車)シフトおよび旅行の移動手段におけるCO2 の削減を後押しし、サステナブルな旅行の実現に取り組むという。

エネチェンジと楽天トラベルが設置拡大を進める、 共同ブランドのロゴ入りのEV充電器(イメージ)(ENECHANGE)

楽天は、「楽天トラベル」の国内の登録宿泊施設約4万軒を対象に、敷地内にエネチェンジと共同ブランドで展開するEV 充電器「エネチェンジEV チャージ」の設置を働きかけ、 エネチェンジは、宿泊施設の敷地内へのEV充電器設置に向けた宿との個別の調整と設置を行う形でのパートナーシップ契約について合意に至った。

同契約では、共同ブランドで展開するEV充電器の設置促進を行い、旅の宿泊先でEVに充電ができる「目的地充電」インフラの拡大を図る。エネチェンジでは、6kW出力の充電器を標準採用しており、宿泊したEVドライバーが安心して次の目的地に出かけられる充電環境を提供するという。 EVドライバーは、エネチェンジのスマートフォンアプリを使って、EV充電スポットの検索から充電器の操作、決済までを完結することができ、今回の取り組みが実現する「旅行先でのEV充電スポットの拡充」は、EV充電スポットのより円滑な利用を可能にし、旅行者の利便性向上が期待できるほか、快適なEVドライブの体験創出に繋がることが期待できるそうだ。

エネチェンジは、EVシフトのカギを握る充電インフラの拡充をミッションとし、2025年までにエネチェンジEVチャージの3万台設置を目指して、独自の導入支援キャンペーンを実施しているそうだ。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

関連記事

ペイメントニュース最新情報

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP