福利厚生ペイメントシステムでLINE Payへのチャージスキーム開始(ADVASA)

2022年11月17日8:20

ADVASA(アドバサ)は、LINE Payと、福利厚生ペイメントシステム「FUKUPE(フクペ)」に関して、従業員の勤怠範囲内における福利厚生としての資金提供サービスの支払い手段として、スマホのおサイフサービス「LINE Pay」へのチャージスキームを開始したと発表した。

ADVASAは、従業員が働いた分の給与相当額に即時アクセスすることができ、銀行口座に加え、キャッシュレスでさまざまなウォレットでの受取、決済まで一気通貫で提供し、さまざまな金融サービスのプラットフォームとなる福利厚生ペイメントサービス「FUKUPE(フクペ)」を展開しており、今後の給与デジタルマネー払いに対応した業務運用システムの開発にも取り組んでいるという。

さらには、金融庁が議論を始めている「次世代型インターネット・Web3」で使われるデジタル資産、非代替性トークン(NFT)など、ブロックチェーン(分散型台帳)技術によって生まれた新たな市場で流通する資産についても、海外のパートナー企業と開発、実証実験を進めており、将来的には従来の仕組みであるサービス提供者が個人情報を握るという仕組みを変革し、本人自身が個人情報を管理するという分散化されたWebプラットフォームの構築を目指す「Web5」の世界を目標としている。

「Web5」のコア要素かつ大きなメリットとなる「Verifiable Credentials – VCs(内容の検証可能な証明書)」を通じて、各自が自己主権型のデジタルな個人情報・各種証明書を持つことができるようにすることで、これまで各種サービスの利用時に必要とされてきた自分の個人情報を登録する作業、サービスごとのパスワード設定と管理、プロフィールの作成といった必要がなくなり、「各サービスに対して自身のIDへアクセスする権限を付与する」という「データの自己管理化」の世界を築いていきたいとした。これにより、雇用主側も透明性のある労働者の情報から、より低コストで適切な採用と評価が可能となるメリットを受けることができるとしている。

そして今回、従業員が働いた分の給与相当額に即時アクセスする際のチャージ手数料に無料期間を設けることは、ADVASAが設立当初より掲げている「金融包摂の実現」に向け、さらに1歩踏み込むものであり、将来的にはチャージ手数料を完全に無料にしたいと考えているそうだ。

このほど、「FUKUPE」における従業員への勤怠範囲内における福利厚生の資金提供を、「LINE Pay」にチャージするサービスの開始により、従業員は財布が無くてもスマホさえあれば、曜日や時間帯に関係なく、LINE Payでリアルタイムに資金を受け取ることができる。加えて、LINE Pay加盟店で支払いが可能だ。

今回のサービス開始において、一定期間LINE Payチャージの手数料を実質無料にて提供することで、より多くのユーザーにリアルタイムの資金受け取り、シームレスな決済機能の利便性を体感していただきたいと考えているそうだ。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

関連記事

ペイメントニュース最新情報

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP