機内でふるさと納税ができるサービスの実証実験(京丹後市/Peach Aviation)

2022年11月21日12:40

京丹後市とPeach Aviationは、日本初となる機内でふるさと納税ができるサービスの実用化に向け、2022年11月21日より実証実験を開始した。

機内ふるさと納税は、Peachの機内デジタルサービスを通じて、利用者のスマートフォンやタブレット端末から、京丹後市ふるさと納税の返礼品を選択し、事前に登録したクレジットカードにより、実際に寄附ができるものだ。同寄附はふるさと納税として税控除の対象となる。対象路線は、国内線全31路線で、2023年3月31日まで実施する。

返礼品は京丹後市の地場産品(返礼品)である肉・魚・米のほか、Peach航空券とセットの宿泊クーポンなど20品を出品(京丹後市/Peach Aviation)

同サービスでは、機内でのふるさと納税を推進するだけではなく、地場産品(返礼品)のプロモーションを通じて、まちの魅力を発信するとともに、交流人口、関係人口の拡大を目指す。

利用方法は、まずPeachアカウント及びクレジットカードの登録。搭乗後、機内デジタルサービスのふるさと納税ページにアクセスし、返礼品を選択・寄附(クレジットカード決済)する。降機後、Peach及び京丹後市からメールで届く回答フォームに必要事項を入力の上、返信することで寄附完了となる。後日、返礼品及び寄附金受領証明書等の必要書類を受け取る流れだ。

京丹後市とPeach、WILLERは、地域課題の解決や交流人口、関係人口の拡大を目的に、2022年7月から、共同プロジェクト「Deep Deep Local project」に取り組んでいる。

なお、2023年1月以降、京丹後市のほか、泉佐野市や小牧市、有田市などの自治体にも参画してもらい、本格的な実証実験を実施する。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

関連記事

ペイメントニュース最新情報

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP