Ingenico、新決済端末「AXIUM8000」や決済プラットフォーム「PPaaS」等を紹介

2022年11月25日7:00

大手決済端末ベンダーのインジェニコ(Ingenico)は、2022年11月2日~4日まで開催されたSingapore Fintech Festival2022において、同社の決済ソリューションを紹介した。Android端末の「Axium8000」や決済プラットフォーム「Payments Platform as a Service(PPaaS) 」は国内での展開も強化している。

「AXIUM8000」は国内でも新端末として期待

SFF2022はシンガポールで開催されたが、アジアはもちろん、世界中から参加者が訪れるイベントだ。Ingenicoでは、Ingenico Japan 代表取締役社長 グザビエ・ミシェル氏をはじめ、日本のスタッフもブースで対応を行った。また、展示会前の10月31日と11月1日には、Ingenicoのシンガポールオフィスで同社の決済エコシステムやパートナー事例、スタートアップのピッチなどを行うイベントも開催している。なお、同社では、決済プロセッサーであるWorldlineグループにジョインしていたが、Worldlineが同社の株式をアポロファンドに売却したことにより、独立企業として決済端末事業を展開している。

展示会場では「AxiumDX8000」や「AxiumDX4000」などのAndroid端末「AXIUMプラットフォーム」、スマートフォンを決済端末に利用するスマートフォン決済サービス「Tap on Phone」、自律型店舗(無人店舗)、ESGへの取り組み、クラウドベースのプラットフォームにさまざまなサービスを追加できる「Payment as Service (PPaaS)」などについて紹介した。

Ingenicoの「AXIUMプラットフォーム」は、Androidベースのソリューションだ。日本で展開の準備を進める決済端末「AXIUM8000」は、店頭のカウンターに加え、持ち運んで使用することができる。店舗のニーズに合わせてカスタマイズできる点が特徴だという。最大6インチの画面にカメラも搭載。決済端末は接触、非接触、磁気の3面待ちにも対応している。接触と非接触はEMV Level 1/2に準拠しており、国内向けにFelica Mクラス認定も取得し、各種FeliCa決済に対応可能する。PIN認証では、PCI PTS 6.xに準拠している。国内でも各社に端末を紹介しており、「APOS A8」の後継機などとして今後複数社で利用が始まる予定だという。

同展示会では、「AXIUM RX7000」を展示。国内では「Lane5000」が大手スーパーや家電量販店などで実績があるが、新たな端末として展開する。

PPaaSはクラウドレシートのデモを実施

「Payments Platform as a Service (PPaaS)」は、7月に日本で開催された「Paytech Japan 2022」でも紹介されたサービスだ。

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。続きを読むには「Paymentnavi Pro 2022」のお申し込みが必要となります。
詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP