Ingenico Japanが決済端末で新展開、TaaSやPPaaS、パートナープログラム発表

2022年7月19日8:00

決済端末ベンダーのIngenico Japan(インジェニコ・ジャパン)は、2022年7月12日、国内での今後の方向性や国内展開を計画している製品やサービスを紹介するイベント「Paytech Japan 2022」を虎ノ門ヒルズで開催した。

Ingenico Japan 代表取締役社長 グザビエ・ミシェル氏

「TaaS」で月額利用料によるサービスが可能に

「Paytech Japan 2022」では、同社が提供する新しい決済プラットフォーム「PPaaS (Payments Platform as a Service」、決済端末の導入をサービス利用でサポート可能な「TaaS(Terminal as a Service)」、スマートフォンやタブレットを決済端末として使用する「Tap on Phone」等を紹介した。また、パートナーと連係では、顔認証や静脈認証を組み込んだ決済端末、POSベンダーのスマレジ等のパートナーと連携した取り組み、カスタマーサービスにおけるAI活用などを紹介している。

「Paytech Japan 2022」の冒頭にあいさつしたIngenico シニア・ヴァイスプレジデント/TSS アジア・パシフィックのナイジェル・リー氏は、コロナ禍でオンラインにシフトし、デジタル決済が加速しているとした。

開会挨拶ではIngenico シニア・ヴァイスプレジデント/TSS アジア・パシフィックのナイジェル・リー氏が日本市場への期待を語った

同社は40年前に実店舗のデジタル決済を開発したというが、「ハードウェアの価値はソフトウェアの重要性によって支えられています」とナイジェル氏は話す。同社の決済システムは、販売を行うだけではなく、ビジネスを管理し、店内やオンラインでの体験を向上させることが可能だ。同社では、「40年にわたる決済ビジネスを形作る企業を目指しています」と力強く語った。

「TaaS」は、店舗で行う決済端末の管理などの負担を軽減可能なサービスだ。月額利用料によるサービスを採用しており、ソフトウェアやサービスを1つのサービスソリューションとして利用可能だ。同社では、33のリペアセンター、300を超えるサービスサポートパートナー、25のカスタマイズセンタ、修理に関わる1,700名強の人員を有しており、これまで年300万台の修理実績を誇る。同社がTaaSにおいてグローバルで管理する端末は220万。TaaSでは、デジタルを活用したサポートを受けることできる。また、リモート操作が可能であり、ヘルプデスクによる柔軟なサポートを受けることも可能だ。なお、日本では、3年契約を基本として、ベーシック、スタンダード、プレミアムの3つのサービスを提供する予定だという。また、希望する顧客にはオプションサービスも提供する。

会場で展示したEkoheではAIによるチャットボットを提供している

クラウドでサービス追加が可能な「PPaaS」も展開

「PPaaS」は、世界10カ国でローンチしているクラウドプラットフォームだ。決済に加えて、柔軟な付加価値サービスクラウドを介して加盟店に提供することで、オープンエコシステムで店舗をサポートする。グローバルでは現在、75以上のサービスに対応予定だが、今後は「Alipay」をはじめ100以上のサービス予定だ。ノーコードのサービスのため、高コストな開発を行わずにサービスを有効化し、ダウンロードが可能だ。

「TaaS」や「PPaaS」、パートナープログラムなどを紹介

パートナー向けには、「パートナーイン」、「スタートアップイン」というプログラムを提供し、ステークホルダーを支援する。パートナーインでは、ビジネスパートナーとソリューションパートナーに分かれている。ビジネスパートナーは、直接、間接的に顧客サポートを行う企業、ソリューションパートナーはアプリケーションの開発、統合、技術系を行う企業が対象となる。スタートアッププログラムは、FinTech、SaaSプロバイダなどが対象となり、概念実証(PoC)で成果を生んだ場合、市場参入をサポートする。Ingenicoの技術活用、専門知識、ネットワーク、ソリューションを活用できることに加え、露出増加などのメリットがあるそうだ。

当日は、国内や海外で連携する企業であるスマレジ、Moneythor、Ekohe、Auresys、Smartpayによるパートナーセッションも行われた(今後連係予定企業も含む)。

自販機、交通、生体認証端末などの最新製品は?
「Tap on Phone」のデモも実施、mPOSとの併用も

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。続きを読むには「Paymentnavi Pro 2022」のお申し込みが必要となります。
詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)
現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

スマホ会員証でポイントサービス。今イチオシの「VALUE GATE」(トリニティ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP