HCフィリピンとHCインドネシア買収(MUFG/三菱UFJ銀行)

2022年11月28日7:40

三菱 UFJ フィナンシャル・グループ(MUFG)および三菱 UFJ 銀行は、このほど、同行の連結子会社であるタイ王国の大手商業銀行 Bank of Ayudhya Public Company Limited(アユタヤ銀行)、同行の連結子会社であるインドネシアの PT.Adira Dinamika Multi Finance(ADMF)および同行を通じ、Home Credit 社(HC)の子会社である HC Consumer Finance Philippines, Inc.(HCフィリピン)の全株式および PT Home Credit Indonesia(HC インドネシア)の株式 85.0%を取得することを決定した。関係当局の承認などを前提に、2023 年中を目途に株式を取得する予定であり、同取得にかかる金額は総額 596 百万ユーロ(約 870 億円)を見込んでいる。

チェコにて設立され、オランダに本社を置くHCは、POSローンを中心に個人ローン事業を展開するコンシューマーファイナンスカンパニーだ。利用者はローンの申請から実行、返済までの全プロセスをアプリ上で完結することが可能だ。また、社内外のさまざまなデータの活用と独自の審査モデルにより、精度高くスピーディな審査が出来る点にも強みを有するという。

中でもHCフィリピン、HCインドネシアのアプリダウンロード数は両国計20百万件、累計貸出顧客数は13百万人に達し、それぞれ各国のPOSローン市場シェアでは首位に位置しているとした。MUFGは、フィリピン・インドネシアで、同行持分法適用会社のSecurity Bank Corporationおよび連結子会社のPT Bank Danamon Indonesia Tbk(ダナモン銀行)への出資を通じ、現地コンシューマーファイナンス市場に一定のプレゼンスをすでに有しているが、同取得を通じて両国リテール事業のさらなる強化・拡大を図っていきたいとした。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP