MMD研究所が2022年10月にポイント経済圏利用実態調査を実施 楽天が着々と経済圏を拡大――?

2023年1月10日8:00

MMD研究所は、2022年4月から4半期ごとに、ポイント経済圏に関する利用実態調査を実施。その3回目、最新となる10月の調査結果のダイジェストが発表された。これによると、メインで利用しているポイントは楽天ポイントが34.7%で1位、最も多く利用されているクレジットカードは楽天カードで41.4%が利用、最も意識している経済圏は楽天経済圏で47.8%と、楽天が圧倒的な強みを見せた。

MMDLabo 代表取締役 吉本 浩司氏。2022年12月21日の説明会では、5つの各経済圏を比較して解説した

3分の1以上が楽天ポイントをメインで利用
キャッシュレス比率は6割へ

MMD研究所が2022年10月、2万5,000人を対象に実施した経済圏利用実態調査によると、最も多く利用されている共通ポイントは楽天ポイントで、60.3%が利用。楽天ペイメントは2022年、累計発行数が3兆ポイントを突破したと発表したが、この調査でも利用者の多さが裏付けられた格好だ。2位はTポイントで52.7%、3位はPontaポイントで42.0%、以下、dポイントが37.6%、PayPayポイントが33.5%、Amazonポイントが31.7%、WAONポイントが24.5%などとなっている。ポイントを利用していない人は、全体の11.1%だった。

さらにその中でメインで利用しているポイントを聞いた設問では、やはり楽天ポイントが34.7%で他を圧倒した。2位がdポイントで12.9%、3位がPayPayポイントで9.9%、4位がTポイントで8.7%、5位がPontaポイントで8.0%と続く。

また、同じ2万5,000人を対象に、1カ月間の買い物の支払い方法を、全体で100%になるように回答してもらったところ、キャッシュレス比率は59.1%で、前回の7月調査の58.0%から1.1ポイント増加した。支払い方法別ではQR・バーコード決済の伸びが大きく、前回調査より1.8ポイント増の16.0%となった。

クレジットカードは半数弱が楽天カードを利用
QRコード決済ではPayPayが他を圧倒

キャッシュレス決済の半数弱を占めているのが、クレジットカード。利用しているクレジットカードを聞いた設問では、楽天カードが41.4%でトップ。楽天カード(ゴールド、プレミアム)と合わせると44.0%に上る。2位はイオンカードの14.5%で、イオンカードセレクト、イオンゴールドカードと合わせると19.4%。dカードは6.9%、dカードGOLDは6.5%と、dカードの場合はゴールドカード比率が高いのが特徴。ゴールドカード会員はロイヤリティが高く経済圏拡大への貢献度が大きいため、PayPayもゴールドカードの発行を始め、会員獲得に力を入れているところだ。

一方、QRコード決済では、PayPayが42.9%と他を圧倒する。楽天ペイが20.3%でこれに続き、d払いが19.1%、au PAYが14.5%などとなっている。「利用していない」は33.8%だった。

電子マネーでは、カードタイプではWAONが20.9%でトップ、以下、Suicaとnanacoがともに15.1%、Visaのタッチ決済が12.4%など。「使っていない」が43.7%だった。スマホでの利用は、Suicaが10.1%、iDが7.4%などで、「使っていない」が68.5%。未利用者層をどこが取り込んでいくかによって、シェアは今後大きく変動する可能性もある。

千葉工業大学 社会システム科学部 経営情報科学科の西松研教授も登壇

クレカ、QRコード、ECなど…
各社各様の強みを生かして経済圏の拡大を図る

この調査では、docomo、au、PayPay、楽天、イオンの5つのポイント経済圏に注目。各事業者は当然、経済圏拡大のために各種施策を講じているわけだが、利用者は果たして経済圏を意識しているのか。5つの各経済圏について、その意識を聞いたところ、楽天経済圏では21.8%が「意識して利用・選択している」、17.4%が「やや意識して利用・選択している」、残りの60.7%は「意識していない」と回答。そのほかの4つの経済圏はすべて、「意識していない」が8割弱を占めていた。

「意識して利用・選択している」「やや意識して利用・選択している」と回答した人に、最も意識している経済圏を聞いた設問では、楽天経済圏が47.8%(前回調査46.8%)と半数弱を占め、トップ。楽天は、2002年に楽天ポイント、2005年に楽天カードをスタートさせ、2006年に楽天エコシステム構想を発表。その構想が着々と形になってきた印象だ。

この調査では、スクリーニング調査対象の2万5,000人の中から、5つの各経済圏を意識し、かつ、それぞれの経済圏のポイントをメインで利用している人を500人ずつ、計2,500人を抽出し、本調査を実施した。

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。続きを読むには「Paymentnavi Pro 2022」のお申し込みが必要となります。
詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP