PAX Italia、イタリアでのAndroid決済端末の導入は順調に成長

2023年1月11日9:07

国内でも「A920」をはじめ、PAX製の決済端末を目にする機会が増えているが、PAX Italiaは、イタリアにおいてAndroidの決済端末をリードする存在となっている。同社のイタリアでの展開について、2022年の「Il Salone dei Pagamenti」で話を聞いた。

PAX Italia セールスマネージャー Davide Bretta氏

アプリによりさまざまな機能を利用可能
加盟店の要望に合った機能を提供

PAX Italiaでは、2017年にAndroidの決済端末をいち早くイタリア市場に投入した。2019年の「Il Salone dei Pagamenti」でも同社に話を聞いたが、「当時は会場の隅の位置でしたが、中央にスタンドを構えているように、事業も順調に成長しています」と、PAX Italia セールスマネージャー Davide Bretta氏はほほ笑む。

日本でも目にする機会が増えた「A920」(左)はイタリアでもベストセラーの商品になっているという。右は並行して販売を進める「A920 Pro」

イタリアでの決済の動向をみると、現金決済の比率は依然として高いが、キャッシュレス決済の理解が進んだこと、パンデミックを機に非接触での支払いが求められたことなども影響し、電子化が着実に進んできた。また、イタリア政府の指針もあり、小売業でキャッシュレス決済端末の導入が加速している。それに伴い、同社のAndroid端末の売上も順調に伸びているそうだ。

無人機などへの展開にも力を入れる

Androidの決済端末を投入した2017年当初はセキュリティの懸念などもあったそうだが、PAXが高セキュリティの製品を提供していることが理解されているという。また、Androidベースのシステムでは、単純な支払いだけではなく、アプリを通してさまざまな機能を使うことが可能だ。これにより、端末自体の価値をさらに高めることができる。例えば、アプリをダウンロードすることで、ロイヤリティやポイント、乗車システム、運送業者向けなど、1つの端末で複数の機能を有効活用できる。

また、キャッシャーとPOSを1つにしたデバイスも提供している。さらに、Androidの画面を利用して、企業は自社商品の紹介なども可能だ。Beretta氏は「テクノロジー的にいろいろなことができることを推しています」と話す。

端末の画面を利用して商品やメニューを紹介することが可能

例えば、イタリア郵政からの要望を受け、タブレット端末でサインまでできる機能を提供した。従来は支払い向けの端末と利用者のサインは分けられていたというが、1台で便利に利用できるようになった。また、PagoPaでは、ガス代、電気代、駐車場の罰金などを支払える機能を提供している。

サインを行うことができる端末は顧客の要望を受けて作り込んだ

イタリアでリーダー的な存在に
EVのチャージスポットなどでの展開も見込む

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。続きを読むには「Paymentnavi Pro 2022」のお申し込みが必要となります。
詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP