Castles Technology、イタリアでの決済端末の売上が3年間で急成長

2023年1月19日8:00

グローバルな決済端末ベンダーのCastles Technology Co.,Ltd.(キャッスルテクノロジー)は、台湾で1993年に設立された企業で、日本でもパートナーと連携して販売を伸ばしてきた。同社では、Android、Linuxに対応した製品を市場に投入している。ミラノで開催された2022年の「Salone dei Pagamenti」において、欧州、およびイタリアの状況について話を聞いた。

左からCastles Technology EMEAマーケティングコミュニケーションズ ・ディレクター Ana Pereira氏、Castles Technology EuropeS.R.L セールス・マネージャー Luca Montana氏。欧州ではマーケティングオフィスがフランスにあり、修理や配送のハブはイタリアにあるという(スペインとイギリス以外)

欧州ではAndroid端末のニーズが高まる
大手プロバイダのAdyenでも採用

欧州のマーケットのマーケティングを担うCastles Technology EMEAマーケティングコミュニケーションズ ・ディレクター Ana Pereira氏は「近年、欧州で伸びているのはAndroidのデバイスです」と話す。

Androidデバイスでは、店舗は使用する決済アプリを選択して利用することが可能だ。主力の製品として、例えばAndroid搭載の多機能端末「SATURN1000」では、4G LTE/3G、Wi-Fi、Bluetooth、マイク、フロント/リア カメラ、バーコード リーダー、指紋リーダーといったオプション機能が付帯している。

 

また、「SATURN1000-E(S1E)」は、モバイル向けのオールインワンデバイスだが、国際的な決済サービスプロバイダであるAdyenが採用している。Pereira氏は「Adyenは経験が長く、需要のあるAndroidテクノロジーによりグローバル的に成長しています」と説明する。

Androidが成長しているとはいえ、Linux端末も一定のニーズがある

店舗に加え無人機でのニーズも高まる
「CASHUB」も提供、イタリアのトップを目指す

イタリアにおいて、同社の決済端末は大手アクワイアラのNEXIなどに販売し、その先の金融機関が店舗に提供している。同社では、ハードウェアに加え、ソフトウェアもアクワイアラに合わせた形で作り込んでいる。Castles Technology EuropeS.R.L セールス・マネージャー Luca Montana氏は「イタリアのマーケットは、仕様面の開発も含め、難しいところはありますが、成長しています」と成果を述べる。

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。続きを読むには「Paymentnavi Pro 2022」のお申し込みが必要となります。
詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP