NexiがPay-by-LinkやSoftPOSなど新サービス展開へ、デジタルユーロの取り組みも

2023年1月25日9:20

イタリアのペイメントテクノロジー企業であるNexiは、金融機関や加盟店などにサービスとインフラを提供する企業で、イタリア取引所のMTAに上場している。イタリアにおいてもデジタル決済をリードする会社の1つだ。同社では2022年にリンク型決済の「Pay-by-Link(ペイ・バイ・リンク)」の提供を開始。2023年にはSoftPOSソリューションのローンチを予定している。同社では欧州中央銀行(The European Central Bank)のデジタルユーロ決済のフロントエンド・プロトタイプを開発する会社に選ばれている。

Nexi Group メディア・リレーションズ ヘッドのMatteo Abbondanza氏

モバイル決済の成長が続く
Pay-By-LinkでWhatsapp等からリンク支払い

Nexiでは、キャッシュレス決済の普及に向けた取り組みを行っているが、「現金とデジタル決済の比率は、以前は8対2でしたが、今は3分の1くらいになっています。特にモバイルやコンタクトレス決済が急激に伸びています」とNexi Group メディア・リレーションズ ヘッドのMatteo Abbondanza氏は説明する。

モバイル決済については、Google Pay、Apple Pay、Samsung Payといったウォレットでの支払いが成長している。「以前からウォレットは推進していますが、例えば2021年に比べて2022年の上半期でモバイルペイメントは180%アップしました」とAbbondanza氏は話す。モバイル決済やコンタクトレス決済はさらに伸びると見込んでいる。

モバイル決済は右肩上がりで利用が伸びている

Nexiでは、2022年に新たなソリューションとして、リンク型決済「ペイ・バイ・リンク」を発表した。ペイ・バイ・リンクは、eメール、Whatsapp、テキストメッセージ、ソーシャルチャネルを通じて顧客に決済リンクを送信できるサービスだ。例えば、宅配サービスなどの企業では、利用者が日常的に利用するWhatsapp等にリンクを送信。利用者はそのリンクをクリックしてクレジットカード等による支払いを行うことができる。店舗はペイ・バイ・リンクにより、顧客がどこにいても支払いを提供できる。また、eコマースサイトがない店舗でも決済サービスを提供可能だ。

SoftPOSソリューションを2023年にローンチ
ECBのデジタルユーロ決済のフロントエンド開発へ

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。続きを読むには「Paymentnavi Pro 2022」のお申し込みが必要となります。
詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP