プロ野球団とボールパークを軸にした地域創生と「旅先納税」でスクラム

2023年3月10日14:40

ギフティ、北広島市、ファイターズ、JTBの4者が共同会見

eギフトプラットフォーム事業を展開するギフティと、北海道北広島市、プロ野球の北海道日本ハムファイターズの関連会社「ファイターズ スポーツ&エンターテイメント」(北広島市)、JTBの4者は2023年3月9日記者会見し、ギフティが展開している自治体・地域の課題を解決するデジタルプラットフォーム「e街プラットフォーム」を北広島市が採用し、「旅先納税」をスタートさせることを発表した。4者は、北広島市が進めるプロ野球団「北海道日本ハムファイターズ」とボールパーク「HOKKAIDO BALLPARK F VILLAGE」(北海道ボールパーク Fビレッジ)を核とした街づくりで連携することを明らかにした。(ライター:小島清利)

左からギフティ 代表取締役 太田睦氏、 北広島市 市長 上野正三氏、ファイターズ スポーツ&エンターテイメント 事業統轄本部企画統括部統括部長 小林兼氏、JTB 北海道広域代表兼北海道事業部長 阿部 晃士氏

「旅先納税」の返礼品である
電子商品券の利用店舗拡大で連携

北広島市の上野正三市長はあいさつの中で、「子供から高齢者までが楽しめるボールパークがオープンし、多くの皆さまに北広島市の良さを体感していただき、本市を応援していただければ、ふるさと納税の理念にも適う究極の地方創生につながるはずです」とギフティの「旅先納税」が起こす地域活性化の効果に期待感を示した。

北広島市が3月9日から「旅先納税」を開始し、その返礼品として「北広島市e街ギフト_きたきた」(きたきた)を発行する。3月21日から市内の飲食店・宿泊施設のほか、オープン直後の「北海道ボールパーク Fビレッジ」内の体験施設・宿泊施設、ファイターズグッズストアなどで「きたきた」が利用可能になるほか、「ES CON FIELD HOKKAIDO」(エスコンフィールド)で開催される北海道日本ハムファイターズの公式戦観戦チケットのオンライン購入が可能になる予定だ。

「旅先納税」とは、スマートフォンから即座にふるさと納税(寄附)をし、ふるさと納税の返礼品として、地域で利用可能な電子商品券を即座に受け取り、市町村内の店で利用できる仕組みだ。北広島市では、これまで、民間のふるさと納税ポータルサイトなどを介して寄附をし、返礼品を自宅などに配送して受け取るタイプのふるさと納税を実施してきた。今回、ギフティのシステムを採用することで、旅前・旅先で北広島市に寄付し、旅行中に返礼品の利用が可能な「旅先納税」が新たなふるさと納税の手段として加わった。

ギフティの「旅先納税」システムの導入自治体は、今回の北広島市を含めて全国で26自治体、北海道では11自治体となった。北広島市の旅先納税は、地域のスポーツチームと連携した全国初の取り組みとなる。ギフティ代表取締役の太田睦氏は「このワクワクする取り組みに参画させていただけることを光栄に思います」と話した。また、JTB北海道広域代表の阿部晃士氏は「今後、ギフティとファイターズ スポーツ&エンターテイメントと一緒に、『きたきた』の利用店舗数の拡大に取り組みます」と意欲を示した。

上野市長の『きたきた』スタンプ押印のデモの様子

ファイターズの公式戦観戦チケットが
オンライン購入可能に

電子商品券「きたきた」は3月21日から、北広島市内の飲食・宿泊施設で利用できるほか、エスコンフィールドで開催される公式戦観戦チケットやファイターズのグッズの購入、スタジアムツアー、宿泊やアクティビティなどFビレッジ内の各施設で精算時に利用できる。なお、公式戦観戦チケットの購入は、チケット売り場での当日券および前売り券のみの対応となる。

さらに、今後は球団公式のオンラインチケット購入サイト「Fチケ」での事前購入にも「きたきた」を活用できる仕組みの導入を検討している。実現すれば、「旅先納税」の仕組みを活用して、オンラインでのプロ野球観戦チケットの事前購入が可能となる国内初の取り組みとなる。

ファイターズ スポーツ&エンタテイメント事業統轄本部企画統括部統括部長の小林兼氏は、オンラインチケットの購入の仕組みを今年夏までに整備する方針を明らかにしたうえで、「旅先納税推進へ向けた連携は、魅力的なまちづくりの後押しと、経済的な波及効果の創出、関係人口の拡大の3つの目的があります。当社の役割は、Fビレッジのプロモーション展開で、球場の大型ビジョンを使うなど、旅先納税の利便性を訴求し、認知拡大と利用者の増加に貢献したいです」と述べた。

道内外の観光客に旅先納税の利用促進を図る
キャンプ地の沖縄県名護市との相互送客を検討

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。続きを読むには「Paymentnavi Pro 2022」のお申し込みが必要となります。
詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

シームレスなBtoB決済を実現!インフキュリオンの請求書支払いプラットフォーム(インフキュリオン)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP