Impervaの買収を完了、ジェムアルトに次ぐグループ2番目の規模に(タレス)

2023年12月7日18:20

デジタルセキュリティベンダーのThales(タレス)は、Impervaの買収を予定より早く完了したと発表した(予定では2024年初頭)。これはタレスにとって、サイバーセキュリティのグローバルリーダーとなるための重要な節目だという。68カ国、5,800人以上のサイバーセキュリティの専門家によって、2024年には民間向けおよび国防活動を含むサイバーセキュリティの売上高が24億ユーロに達し、その後も二桁の成長が期待されているという。この取引は株主に対して重要な価値を作り出すものであり、これは2023年7月に買収発表時に発表された目標に合致するものだという。また、2027年までの新しい財務目標(2024~2027年の既存事業売上成長率は+6~7%、2027年のEBITマージンは16.5%)により、タレスのデジタル・アイデンティティおよびセキュリティ(DIS)事業のプロファイルが大幅に向上するそうだ。

タレスとImpervaは共に、頻度、重大さ、複雑さが急速に増しているサイバーセキュリティの課題に顧客が対処できるよう、アプリケーション、データ・セキュリティ、およびアイデンティティの幅広いユースケースに対応する包括的なソリューションを提供する。これらの3つの市場セグメントは今後数年で著しく成長すると予想されている。アナリストの予測によれば、2024年には世界のエンドユーザー支出が約200億ドルに達する見込みだ。

Impervaが加わったことで、拡大したタレスのサイバーセキュリティ・ポートフォリオは、企業のデジタル・エコシステム全体でアプリケーション、データ、アイデンティティを保護するソリューションを、補完性の高い組み合わせで提供するとしている。

このコンテンツは会員限定となっております。すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。
会員登録(無料)をご希望の方は無料会員登録ページからご登録をお願いします。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

シームレスなBtoB決済を実現!インフキュリオンの請求書支払いプラットフォーム(インフキュリオン)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP