JCBが「京セラドーム大阪」にNFCタグ非接触決済サービス本格導入、今後の可能性は?

2024年4月15日9:15

ジェーシービー (JCB)は、2024年3月29日から、オリックス・バファローズ本拠地「京セラドーム大阪」(大阪府大阪市)でNFCタグを活用した非接触決済サービスを本格導入した。同サービスでは、「観客席販売スタッフ」や「飲食ワゴン」において、利用者自身のスマートフォンから非接触でのクレジット決済が可能だ。京セラドームでのNFCタグ活用の決済の導入の経緯、これまでのJCBの取り組み状況やサービスの可能性、今後の展開について説明してもらった。

京セラドームでは3月29日のオリックス開幕戦より、スピーディーな完全非接触決済を実現へ(JCB)

池谷貴

現金より13秒早く決済完了
トライアルを経て本格導入

京セラドームで採用されたNFCタグによる非接触決済の仕組みは、観客席販売スタッフが首から下げているNFCタグ、または飲食ワゴンのレジ付近に設置されたNFCタグに、利用者自身のスマートフォンをかざすことでWEBブラウザの決済画面へ遷移し、「Apple Pay」 または「Google Pay」などで支払いできるものだ。従来のように決済端末を持ち運ぶ必要はなく、「軽量かつ小型で電源不要のため柔軟に設置場所をレイアウトでき、簡易に導入や運用構築が可能」だとしている。JCBでは、28秒の現金に比べ、15秒で支払いが済み、13秒速く決済が完了するとしている。

決済画面遷移イメージ(Apple Payの場合)

JCBでは、「2023年度11月に京セラドーム大阪にて実施された、社会人野球日本選手権にてトライアル導入としてNFCタグ決済サービスを導入しました。トライアル導入での反省を踏まえて、サービスの機能改修を行い2024年3月29日のプロ野球開幕戦より本格的に導入されています」と説明する。

京セラドームでは、従来からメルペイなどのQRコード決済を導入していたが、決済ラインナップの追加の要望により、ApplePayとGooglePayに登録されているクレジットカードでの決済にNFCタグを導入したという。

「NFCタグ決済」の筐体

なお、NFCタグサービスとしては、QRコード決済との併用も可能であり、加盟店の要望に応じて一括での提供もできるという。

かざすだけのNFCタグの取り組み強化
渋谷区「ハチペイ」で3,600店舗稼働

NFCタグは、設備投資が少なく、利用者はかざすだけで支払えるメリットがある。QRコード決済はカメラを起動して焦点を合わせて読み取るが、“かざす”だけで支払えるメリットがある。JCBではNFCタグの取り組みを強化してきたが、飲食店やキッチンカーといった顧客が利用しているそうだ。

例えば、渋谷区のデジタル地域通貨事業「ハチペイ」では決済インターフェースの1つとして採用されており、3,600店舗(4月4日現在)を超えるハチペイ加盟店で利用されている(独自QRコード決済との併用)。また、2023年12月15日~25日に開催された「ひろしまクリスマスマーケット」にも導入しており、催事会場での利用実績もあるそうだ。

加盟店の負担は決済手数料のみ
テーブルオーダーやゲームセンターでの導入目指す

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

電子マネー、クレジット、QR・バーコード、共通ポイントなど、多数のキャッシュレス決済サービスをワンストップで提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)
決済領域を起点に多様なビジネスニーズに応える各種ソリューションを提供(インフキュリオン)
ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP