「ジャパン・レストラン・ウィーク2012」に特別協賛(AmericanExpress)

2011年12月5日17:00

アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc. (AmericanExpress)は、2012年1月27日~2月19日まで開催される「ジャパン・レストラン・ウィーク2012 ウィンタープレミアム」を特別協賛することで日本のレストラン業界を応援すると発表した。日本での開催3年目を迎えるジャパン・レストラン・ウィークは、ミシュランガイド掲載実績のある実力派レストランを含む約150店舗のレストランが参加し、リーズナブルな定額料金でランチ、ディナーの特別メニューを楽しめるプログラムとなっている。

AmericanExpressのカード会員は一般予約受付開始より1週間早い1月10日~1月16日の間、先行予約が可能となる。提携カード、AmericanExpressの他社発行カード、コーポレート・カードなど、AmericanExpressのすべてのカード会員が対象となる。

ジャパン・レストラン・ウィークは、多くの人が「外食」という形で食事を楽しむ機会を提供し、世界に誇る日本の食文化の発展を目的としたグルメ・フェスティバルである。消費者が気軽にレストランに足を運ぶきっかけとなり、レストランにとって新たな顧客との出会いの機会を創出することで、日本の食文化が更に発展することを目指している。2010年に初めて日本で開催された第一回目は81店舗のレストランが参加し、年を重ねるごとに開催規模を拡大している。

国内のレストラン業界におけるAmericanExpressのカード会員の取扱高は震災以降、順調な回復を見せており、昨年対比の平均で10%以上の成長を示しているという。同社では、ジャパン・レストラン・ウィークを通し、カード会員に厳選されたダイニング・エクスペリエンスを提供することでレストランのさらなる利用を喚起し、ひいては加盟店レストランのビジネスに貢献することを目指す。

なお、AmericanExpressは、米国ニューヨークで開催される「ニューヨーク・レストラン・ウィーク」においても、発足協賛企業として、過去20回に渡り継続的な支援を続けている。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP