Targetがクレジット部門売却か(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2011年12月28日9:00

米国でウォルマートに次ぐ売上規模のターゲットは、ベストバイやメイシーズ、シアーズ、コストコと厳しい競争を繰広げている。

いま、大手流通が注目しているのは、オンラインショッピングとオフライン店舗のシナジーである。スマートフォンやタブレットの登場によって新たに生まれたこの市場をいかに牛耳るか。それが競争の眼目になっている。

ターゲットにとってクレジットカード部門の存在はどうか。2011年第3四半期の収益は、前年同期比8.2%のマイナス。ただし、利益は10%アップしている。不良債権が64%も減ったためだ。

クレジットカードビジネスは、顧客の単価を上げるにはいいが、景気に左右されやすく、自己資本を毀損する恐れがある。現在ターゲットが保有するクレジット残高は67億ドル(約5,400億円)。これを売却して本業に集中するという。

ターゲットはいまがちょうどいい売りのタイミングと判断したようだ。米キャピタルワンやシティグループ、チェイスなどは、流通系ハウスカードを買いあさっている。

銀行にとってハウスカード買収は、マーケティングコストをかけずに、顧客囲込みができるというメリットがある。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP