スマートフォン型タクシー配車システム「Smart to TAXI」でカード決済機能搭載(中國タクシー)

2012年12月7日17:30

中國タクシーは、2012年3月1日に同社が所有しているタクシー全車に導入済みのスマートフォン型タクシー配車システム「Smart to TAXI」(エコー・システム提供)に対し、新たにクレジットカード決済機能搭載を発表した。

Smart to TAXI はタクシー事業者向けの、スマートフォンを利用した配車管理システムとなる。電話機と連動したCTI機能から顧客情報を取得し、本部システムが顧客情報と、タクシーに搭載されているスマートフォンからGPS情報を取得し、車両の位置を地図に表示することにより素早い配車が可能だ。

また、2016年には移動無線電波のデジタル化に伴い、現行のアナログ方式の機器は使用不能になるため、デジタル対応の投資が必要になるが、同製品は従来の無線電波ではなくケータイ電波を採用し、その問題を解決している。さらに従来機より導入コストおよび通信費の低価格化、通信の大容量化、および通信エリアの広域化に成功したという。

特徴として、ヒロコンが提供する「BTConverter」を採用し、タクシー配車システムとタクシーメーターをBluetooth経由で連動させ、日本で唯一、車両の状態(空車、賃送、迎車など)を自動的に本部システムに反映させることができるという。

また、決済処理においてもシームレス、かつ強固なセキュリティで保たれたクレジットカード決済が可能となっている。これにより敷居の高いスマートフォン操作のシームレス化を実現し、高齢化の進むタクシーの乗務員にも、抵抗なく運用することができるという。

なお、クレジットカード決済センターはゼウスのシステムを採用している。同社クレジットカード決済センターは「PCIDSS Version2.0」に準拠しており、Smart to TAXIアプリとの接続に関しては、スター精密製のモバイルプリンターSM-S201を採用することで日本クレジットカード協会が策定した「日本クレジット協会が策定したガイドライン」に完全準拠した管理と運用を行っているそうだ。また2012年2月20日より大規模地震等による被害を最小限にとどめるため、ディザスタリカバリの構築を行い、2重化した決済センターにて処理を行っている。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
電子マネー、クレジット、QR・バーコード、共通ポイントなど、多数のキャッシュレス決済サービスをワンストップで提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)
決済領域を起点に多様なビジネスニーズに応える各種ソリューションを提供(インフキュリオン)
ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP