2014年2月25日12:45

世界最大の携帯電話のイベント「Mobile WorldCongress(モバイル・ワールド・コングレス:MWC)」が2014年2月24日~27日までスペインのバルセロナで開催されている。会場では決済やNFCサービス関連の展示も数多く行われている。

Visaでは2月24日にVisaがクラウドベースのモバイル決済について説明会を行った
Visaでは2月24日にVisaがクラウドベースのモバイル決済について説明会を行った

Visaでは、「Visa payWave」対応のカード情報を従来の「セキュアエレメント(Secure Element)」ではなくクラウド内に保持する機能をPRした。

Googleは、2013年10月、NFCスマートフォンで利用できる機能「Android4.4(KitKat)」にHost Card Emulation(HCE)と呼ばれるオペレーティングシステムにおける新機能を導入。従来のNFCスマートフォンを利用したVisa payWave決済の場合、セキュアな情報を管理するための領域であるセキュアエレメントの役割が重要とされたが、ホスト内でカードをエミュレーションすることができるようになる。Visaによると、HCEにより、Android上のNFCアプリケーションはICカードと同等の取引を行うことができるという。また、金融機関は決済アカウントを仮想クラウド内で保持できる。

セキュアエレメントの管理とクラウドベースの管理の比較
セキュアエレメントの管理とクラウドベースの管理の比較

Visa Inc.Digital Solutions senior Vice PresidentのSam Shrauger氏は、24日のVisaのブースで行われたプレスイベントにおいて、「革新的な技術である」と自信を見せた。Visaでは、「Visa Readyパートナープログラム」を拡張し、クラウド内でVisaアカウントを導入したいと考える金融機関とパートナー各社のサポートを行う。また、ソフトウェア開発キット(SDK)も提供する予定だ。さらに、今後は、セキュリティ向上に向け、トークンやリアルタイム分析などのセキュリティ対策を強化するそうだ。

これまでのNFCスマートフォンを活用したサービスでは、サービスプロバイダ(SP)やモバイルネットワークオペレータ(MNO)のTSM(Trusted Service Manager)の役割が必要とされていたが、そういった概念にとらわれることもなくなる可能性もある。実際、プレスイベントに登壇したスペインの金融機関、bankinterのDirector of Innovation Strategy&ManagementであるCarlos Alberto prrez Lafuente氏は、「HCEにより、SPやMNOのTSMは必要なく運用ができる」と期待を寄せた。ただし、モバイル・ワールド・コングレスに出展したフランスのSIMカードベンダーやTSM関連企業からは、「セキュリティ面などはまだまだ未知数で、普及には時間がかかる」などの意見もあった。

MasterCardのブース
MasterCardのブース

なお、HCEについては、MasterCardも同機能を利用した非接触決済サービスを提供すると発表している。

そのMasterCardでは、国内では大日本印刷と連携し、モバイルウォレットサービスを提供するC-SAMの買収を発表。両社では2012年12月にグローバルな戦略提携を行ったが、今回の買収により、MasterCardではワールドワイドでモバイルウォレットとペイメント・ソリューションの開発と展開をさらに加速していくそうだ。

大日本印刷が紹介した「トレッサマネー」アプリ
大日本印刷が紹介した「トレッサウォレットアプリ」

そのほか、大日本印刷では、C-SAMと連携してモバイルウォレットサービスを提供しているが、トヨタファイナンス、ジェーシービーと連携してトヨタオートモールクリエイトが運営する「トレッサ横浜」に導入するクーポン、ポイントの一元管理ができるウォレット型スマートフォンアプリ(モバイルウォレット)「トレッサウォレットアプリ」のデモを展示した。同社では今後、JCBと連携し、JCBの提携カード発行企業などに対し、「JCBモバイルウォレット」の提案を行っていくそうだ。

なお、詳細な情報は担当者へのインタビューを含め、後日ペイメントナビで紹介する予定だ。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP