おサイフケータイでの実績をベースに海外展開を強化(フェリカネットワークス)

2014年4月9日9:15

おサイフケータイでの実績をベースに海外展開を強化

フェリカネットワークスは、バルセロナで2014年2月末に開催された「モバイル・ワールド・コングレス」(MWC)において、「おサイフケータイサービス」の紹介とデモを行うとともに、海外向けにさまざまなソリューションをPRした。

クラウド上でのバリューの管理も可能
SIMおよびmicro SDソリューションを用意

2013年12月末現在、モバイルFeliCa ICチップの累計出荷個数は約2億3,600万個で、そのうちスマートフォン向けが約4,500万個となっている。フェリカネットワークスでは、MWCの「ジャパンパビリオン」において、NFCタグに認証機能を持たせた「NFCタグ認証ソリューション」、クラウド上でバリューを管理可能な「NFCダイナミックタグソリューション」、従来の組込型のタイプではなく「SIMおよびmicro SDソリューション」を紹介した。

「SNOW MIKU2014」のイベントで採用された「NFCタグ認証ソリューション」
「SNOW MIKU2014」のイベントで採用された「NFCタグ認証ソリューション」

「NFCタグ認証ソリューション」は、NFCのリーダライターモードを活用。NFCタグに書き込んだ情報は複製、改ざんされる可能性があるが、タグ認証機能を持たせることにより、高いセキュリティを実現可能だ。これにより、音楽カードや付加価値の高いクーポンを提供する、といったサービスが行えるという。同社では、ソニー・ミュージックコミュニケーションズと連携し、2月5日から開催された初音ミクのイベント「SNOW MIKU2014」で、NFCタグ入りカードを活用した取り組みを実施。イベント会場での体験として、NFCスマートフォンをNFCタグにかざすと音楽を視聴できるサービスを行った。

「NFCダイナミックタグソリューション」は、携帯電話網を通じてクラウドと連携し、クラウド上にあるバリューをリアルな場で確認、処理が可能だ。スポーツジム等の会員証としての利用はもちろん、決済サービスの提供も可能だ。

そして、「SIMおよびmicro SDソリューション」を紹介した。ソニーでは、Gemaltoとの協業を進めており、2013年秋から香港において、Gemalto製のSIMカードを活用したチケットシステムをOctopus Cards Limited(八達通/Octopus)が、キャリアのPCCW-HKTと協力して実験を行っている。それに加え、ソニーではmicroSDによるFeliCaのサービスを2月24日に発表しており、Gemaltoの商品ラインアップに追加された。

日本での10年間の実績を生かす
各国の事情に合わせたサービスを提案

クラウド上で電子マネー等のバリューの管理が可能な「NFCダイナミックタグソリューション」
クラウド上で電子マネー等のバリューの管理が可能な「NFCダイナミックタグソリューション」

フェリカネットワークスがMWCに参加するのは今年で3回目。いち早く商用化を実現した日本での10年間の実績をもとに、海外でもサービスを展開していきたいとしている。その際には、「国内と同様のことを行うのではなく、各国の事情にあったサービスを展開する」方針だ。例えば、「NFCダイナミックタグソリューション」を紹介したように、国内ではICチップ上に各種情報を書き込んでいるが、海外ではクラウド上で情報を管理するケースなども想定しているそうだ。

現状、海外企業とは複数の話が進行しているが、具体的な実績としてはこれからの状態だ。NFCについては、数年前から世界各国でさまざまな取り組みが行われているが、エコシステムを確立させるのは難しい現状もある。まずは、モバイルペイメント等のサービスを盛り上げることが必須であると認識しており、海外においても国内での実績を生かしていきたいとしている。

「かざすフォルダ」がスターバックスで採用
CRMサービスでの導入企業拡大を目指す

micro SDを利用したデモも実施
micro SDを利用したデモも実施

国内においては、従来の電子マネーやチケットサービスに加え、ポイントやクーポンといったCRMサービスを強化している。2年前から提供を開始した「かざすフォルダ」は、スターバックス コーヒー ジャパンの「モバイル スターバックス カード」として採用された。

「これまで、『おサイフケータイ』というと、電子マネーや交通乗車券としてのイメージが強かったですが、ローソンの『モバイルPonta』などをはじめとしたCRMサービスに、かざすフォルダは有効だと感じています。流通事業者からの引き合いもあるため、かざすフォルダのCRMサービスへの採用を積極的に進めていきたいです」

フェリカネットワークスでは、今後、アジアを中心に海外展開を積極的に行い、新しいソリューションを提案していく。日本については、かざすフォルダなどの営業を行うとともに、「おサイフケータイ」に対応していないiPhone向けのサービスも検討していく方針だ。

※取材は「モバイル・ワールド・コングレス」において前代表取締役社長の杉山博髙氏に実施

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

SaAT ポケレジ スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

「Alipay」「WeChat Pay」中国最大規模のオンライン決済サービス(トリニティ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

設立20年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

クレジット・デビットカード、銀聯カード、ギフトカード、リアルタイム口座振替、ペイジーなどの様々なサービスに関するソリューションをご提供(富士通)

シンクライアント決済ソリューション「Thinc-CORE(シンクコア)」 EMVレベル2認証取得でICクレジットカード対応を実現(セイコーソリューションズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP