スペインでHCEを利用したサービスをローンチ予定(bankinter)

2014年4月16日10:35

スペインでHCEを利用したサービスをローンチ予定
取引ごとにカード番号を生成するトークン化の技術を採用

NFC(Near Field Communication)の新技術として、クレジットカードやデビットカードの情報をクラウド内に格納する「Host Card Emulation(HCE)」が注目されている。Visaでは「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)2014」で記者説明会を開催したが、スペインの金融機関であるbankinterは同技術を採用する予定だ。同社 ディレクター イノベーション・ストラテジー&マネジメントCarlos Alberto prrez Lafuente氏にHCE採用のメリットについて話を聞いた。

今後3年で70%のカード会員の利用を目指す
電波がつながらない環境でも利用可能

生成されたカード番号のイメージ
生成されたカード番号のイメージ

――まず、貴社のクレジットカード等の利用者からお聞かせください。
Carlos Alberto prrez Lafuente:弊社には50万人のアクティブカスタマーがいますが、そのうち30万人がクレジットカードとデビットカードを使っています。今後3年間で70%がHCEを活用したサービスを利用してもらいたいと考えています。

――具体的な貴社のサービスの特長についてご説明ください。
Carlos Alberto prrez Lafuente:HCEを提供する上で、弊社には特徴的なサービスがあります。クラウド上で管理することはもちろん、ハイブリッドなソリューションとなっています。リアルタイムに決済端末とやりとりでき、仮に電波がつながらない環境でも決済可能です。また、NFCに加え、eコマースの取引も可能です。現状、パイロットですが6月からは一般公開される予定です。

決済時にはEMV対応のカードがリアルタイムに生成されますが、トークン化により1分以内に決済されないと有効でなくなります。単純な自社の決済プラットフォームとしてだけではなく、他の銀行も利用できます。現在、Visa Europeと組んで展開しており、専任で使えるように許可をいただいています。弊社では連携する銀行とサービスプロバイダを探しています。

TSMを利用したサービスよりもカードのコストを削減
キラーアプリケーションとしての定着を目指す

――電波がつながらなくてもなぜ利用可能なのでしょうか?
Carlos Alberto prrez Lafuente:スペインでは約50%の店舗が電波のつながらない環境となっています。そのため、クラウドにつながらなくても使えるシステムでないと意味がありません。TSM(Trusted Service Manager)を利用した場合、耐タンパ性の高いセキュアな領域に格納されますが、このサービスは100%ソフトウェアで行っています。また、TSMを利用したサービスに比べ、カードのコストも削減できます。

bankinter ディレクター イノベーション・ストラテジー&マネジメントCarlos Alberto prrez Lafuente氏
bankinter ディレクター イノベーション・ストラテジー&マネジメントCarlos Alberto prrez Lafuente氏

――具体的なパートナーについてお聞かせください。
Carlos Alberto prrez Lafuente:パートナーはセグラン(SEGLAN)となります。EMV、ワンタイムパスワードなどの暗号システムを開発しています。

―NFCは、iPhoneやWindows Phoneで採用されていませんが、普及の妨げになりませんか?
Carlos Alberto prrez Lafuente:現状、スペインのマーケットではAndroidが70%、Blackberryが3%となっています。HCEのソリューションをローンチしたらAppleやMicrosoftも参加しないと、さらにマーケットシェアを失ってしまいます。

――日本では、単純に決済するのであれば、カードで十分だと思っている方が多いです。
Carlos Alberto prrez Lafuente:弊社のお客様の15%はアーリーアダプターで、新しいものを求める傾向にあります。まずは15%の方に利用していただき、3年の間に物理的なカードの発行を少なくしたいです。スペインのスマートフォンサービスでは、「What’s up!(ワッツアップ)」がキラーアプリケーションとなっています。What’s up!は1日10回くらい利用されていますが、このアプリケーションも1日4回くらい利用してほしいですね。弊社のサービスは、機能に加え、ユーザーインターフェースも意識しています。

※取材は「モバイル・ワールド・コングレス」のVisaのブースにて

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

SaAT ポケレジ スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

「Alipay」「WeChat Pay」中国最大規模のオンライン決済サービス(トリニティ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

設立20年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

クレジット・デビットカード、銀聯カード、ギフトカード、リアルタイム口座振替、ペイジーなどの様々なサービスに関するソリューションをご提供(富士通)

シンクライアント決済ソリューション「Thinc-CORE(シンクコア)」 EMVレベル2認証取得でICクレジットカード対応を実現(セイコーソリューションズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP